発売価格に変更はなし

FenderのIEM「FXA9」「CXA1」、発売日が6月16日に決定

編集部:押野 由宇
2017年06月12日
フェンダーミュージックは、Fenderブランドのイヤホン「FXA9」と「CXA1」(関連ニュース)について、6月16日から発売することを発表した。価格はオープンだが、FXA9が148,000円前後、CXA1が14,800円前後での実売が予想される。なお、CXA1のブルーモデルのみ7月下旬予定となる。

「FXA9」カラーは左からブロンズ、カメレオン、ホワイト

「CXA1」カラーは左からブラック、ブルー、ホワイト

FXA9はBAドライバーを6基搭載したハイエンドモデル、CXA1はリモコン付きのエントリーモデルという位置付けで、Fenderのイヤホン参画第二弾製品として発表。当初は5月末発売とされていたが、このたび正式に発売日が決定したかっこうだ。価格は発表時から変更ない。

ブランドの最上位モデルとなるFXA9は、高域1基、中域1基、低域2基、超低域(サブベース)2基、計6基のBAドライバーを搭載。各ドライバーは新開発されたもので、帯域ごとに最適化されており、「HEXAD configuration」と称される構成をとる。

超低域の2ドライバーには、同社がハイブリッド型イヤホンで採用してきた「Groove tuned bass port」技術を応用。これにより、通常のマルチBAドライバーイヤホンでは再現できない、自然で心地良い低域再現を実現するとしている。再生周波数特性は12Hz〜22kHzで、感度は121dB。

CXA1は、オリジナル設計の8.5mmチタン製マイクロドライバーを搭載したダイナミック型イヤホン。銀メッキの低酸素銅を使用したMMCXiケーブルには、iOS向け3ボタンリモコンとマイクを装備し、一部のAndroidでも使用が可能とされている。

関連記事