想定価格は500万円

テックウインド、8K映像の編集・再生に対応した業務用サーバー

編集部:小澤貴信
2018年01月18日
テックウインドは、Blackmagic Design社の映像編集・カラーグレーディングソフトウェア「DaVinci Resolve Studio」を用いた8K・4K映像の編集・再生に対応したサーバーを発売する。想定価格は500万円(税抜)。

「DaVinci Resolve Studio」を備えた8K対応サーバー

製品型番は「SYS-7049GP-TRT/BMD_TWD」。このサーバーはインテルの最新CPUである「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を2基搭載。加えて強力なGPUを搭載することで、4Kはもちろん8K動画もストレスなく編集するスペックを備えたとしている。

本機は昨年11月に開催されたInterBEE 2017において、動画編集ソフト「DaVinciResolve14」を用いて8K/59.94p映像をリアルタイム編集・再生する展示にも利用された。

また、2018年1月にBlackmagic Design社から発売が予定されているキャプチャーカード「DeckLink 8K Pro」と組み合わせれば、8K解像度かつ最高60fpsでの編集作業が可能となる。4K動画はすでに販売している「DeckLink 4K Extreme 12G」と組み合わせることで対応が可能だ。

同社は「最大でリアルタイム8K60p再生ができる性能ながら、想定売価500万円という比較的リーズナブルな価格設定」と紹介。8K編集環境の導入のハードルが下がり、8K動画制作をより活発化させることができるとしている。

関連記事