スタジアムや長居公園内にロゴ掲出へ

シャープ、セレッソ大阪とスポンサー契約。スタジアムへの8K製品導入も協議

編集部:小野佳希
2018年01月25日
シャープは、Jリーグのセレッソ大阪とのスポンサー契約を締結。スタジアム内でのロゴ掲出などに加え、スタジアムや公園内設備などにシャープ製8K関連製品の導入に向けた協議を開始することも発表した。


セレッソ大阪を運営する大阪サッカークラブ(株)、および一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブの両社とスポンサー契約(長居コミュニケーションパートナー)を締結。契約期間は2018年1月1日〜2018年12月31日の1年間。スタジアムおよび長居公園内におけるシャープロゴの掲出をはじめ、セレッソ大阪と連携したさまざまなプロモーション活動を展開していくとしている。

加えて、上述のようにスタジアムや公園内設備などに8K関連製品の導入に向けた協議を開始。シャープでは「リアルな映像表現で、これまでにない臨場感が体感できる8K対応液晶テレビや8Kカムコーダーなどを、サッカーをはじめとした各種スポーツ競技で効果的に活用いただけるよう、さまざまな提案を行っていく」としている。

関連記事