まずは韓国で先行発売

<CES>LINE、Clova対応/リアルタイム翻訳機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「MARS」

編集部:風間雄介
2018年01月08日
米ラスベガスで1月9日から行われる「2018 International CES」。本開催を前に、事前イベントとなる「CES Unveiled」が行われた。本項ではNAVER/LINEの出展内容を紹介していこう。

NAVER/LINEは、昨年ティザー告知していた完全ワイヤレスイヤホン「MARS」を公開した。まず2018年に韓国で先行発売するという。価格は未定。

LINE「MARS」。写真撮影時以外はアクリルケースに入れられていた

キャラがモチーフのスマートスピーカー「Clova Friends」も展示されていた

LINEがスマートスピーカーに搭載している、独自の音声アシスタント「Clova」に対応。イヤホンに内蔵したマイクを使って様々な音声操作や通話、音楽再生などが行える。

さらに本機は、リアルタイムの翻訳機能を搭載したことが大きな特徴。翻訳には「NAVER Papago」技術を活用する。リアルタイム翻訳が可能なヒアラブル製品は他社にもあるが、それらがスマートフォンなど他のデバイスを必要とするのに対し、MARSはイヤホンだけでリアルタイム翻訳が行えるという。

当初は、韓国語←→英語、英語←→中国語、スペイン語←→英語の3通りのリアルタイム翻訳に対応する。なおNAVER Papagoではなく、グーグル翻訳を使った翻訳であれば、発売後すぐに、40の言語に対応できるとしている。

再生時間は3時間、通話時間は1.5時間。充電ケースで4回以上の充電が行える。充電時間は1時間となる。

関連記事