外でも「アレクサ」

Amazon「Alexa」対応ヘッドホンやイヤホンなど続々登場へ。ボーズやB&W、 beyerdynamicなどが開発中

編集部:風間雄介
2018年01月06日
Amazonは、同社のスマートスピーカー「Echo」などで使われている音声アシスタント「Alexa」を、モバイル機器へ容易に採用可能にする開発キット「Alexa Mobile Accessory Kit」を発表した。

このキットを活用することで、サードパーティー製のヒアラブルデバイスやヘッドホン、スマートウォッチ、フィットネスデバイスなどで、Alexaを容易かつ低コストで利用可能になる。


キットの利用により、Bluetoothオーディオ機器であれば、ダイレクトにAmazon AlexaアプリからAlexa Voice Service (AVS) へ接続することが可能。これによって音楽ストリーミングを聴いたり、スマートホーム機器を操作したり、カレンダーを管理したり、天気を聴いたりなど、家庭用のスマートスピーカーでできることがモバイル機器でも可能になる。

Amazonによると、すでにボーズ、Jabra、iHome、beyerdynamic、Bowers and Wilkins(B&W)などが、Alexaを利用できるモバイル機器の開発に着手している。またAVSのソリューションプロバイダーであるLinkplayやSUGR、Libre Wirelessなども、外出先でAlexaの利用を可能にするBluetoothオーディオ対応製品を2018年中に提供するという。

なお、Alexaに対応したイヤホンは、独BRAGIがすでに発売している(関連ニュース)。

関連記事