コントローラー2基とセット

Acer、MR(複合現実)ヘッドセットのコンシューマー向けモデル「AH101」

編集部:川田菜月
2017年10月06日
日本エイサーは、MR(複合現実)対応ヘッドセットのコンシューマー向けモデル「Acer Windows Mixed Realityヘッドセット AH101」を10月17日から発売する。価格は55,000円前後で、本日より家電量販店およびAcer Direct 楽天市場店にて予約受付を開始。

「Acer Windows Mixed Realityヘッドセット AH101」

AH101は、マイクロソフトの提唱する複合現実プラットフォーム=Windows Mixed Reality対応のヘッドセットとモーションコントローラー2基のセット。

MR対応のヘッドセット

モーションコントローラーを2基セット

ディスプレイは2.89型で、解像度は2,880×1,440(単眼で1,440×1,440)。最大90Hzの高解像度映像にも対応する。前後/左右/上下の移動/傾き/回転と6つの位置トラッキングで体と頭の細かい動きを把握するとのこと。

細かい動きも把握してよりリアルな体験が可能

瞳孔間距離はソフトウェアにより63mm±8mmの範囲で調節可能。メガネを着けている状態でも違和感なく装着できるとのこと。バンド部はダブルパッド付きで、ダイヤルを回してホールド感の調節も行える。

本体サイドには3.5mmオーディオジャックを装備し、イヤホンやヘッドホンと接続して使用することも可能。ヘッドセット本体の質量は440g。

付属のモーションコントローラーには6軸加速度センサーを内蔵。ヘッドセットとPCにHDMIとUSBケーブルで接続することで使用可能となり、ヘッドセットのセンサーカメラがコントローラー上のマーカーを読み取り、位置や動き、操作などがMR空間に反映される。

なお、AH101の使用には推奨スペック要件を満たしたWindows 10 Fall Creators Update搭載パソコンが必要となる。Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日(米国時間)より、マイクロソフトよりリリース予定。また、AH101の発売に合わせて同社ではMR向けアプリ開発者を対象とした、コンテンツ開発コンテストを実施予定とのこと。

関連記事