HOME > ニュース > “CDの父”中島平太郎氏が死去

“CDの父”中島平太郎氏が死去

2017/12/13 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
CDの生みの親として知られる中島平太郎氏が12月9日に亡くなった。享年96歳。通夜、葬儀および告別式は遺族の意向により家族葬で執り行われる。

中島平太郎氏

中島平太郎氏は、NHK技術研究所の音響研究部長やソニーの常務取締役、アイワ社長やオーディオ協会会長、スタート・ラボ社長などを歴任。世界初のデジタル録音機を手掛けるなどデジタルオーディオの草分け的存在であり、ソニー在籍時にはソニーの責任者としてCD-DA規格の開発・標準化を主導した(※CD-DAはソニーとフィリップスの共同開発)。日本オーディオ協会の会長も務めた。

その後もNHLab(中島平太郎研究所)を起ち上げてタマゴ型スピーカーを開発するなど精力的に活動しており、直近では「春のヘッドホン祭 2017」にて開催されたfinalブランドの平面磁界型ヘッドホンの新技術説明会にゲスト登壇するなどしていた。

ファイルウェブ 主な中島平太郎関連記事
<ヘッドホン祭>final、平面磁界型ヘッドホン新技術を発表。製品版は9月発売、30万円台を目指す(2017年04月30日掲載)
今日は「音の日」 - CD発売25周年を記念し“CDの父”中島平太郎氏が記念講演(2007年12月06日掲載)
<インタヴューズ>この人がいなければ、CDもDVDも、BDも存在していなかった!(中島平太郎 1)(2005年03月31日掲載)
<インタヴューズ>この人がいなければ、CDもDVDも、BDも存在していなかった!(中島平太郎 2)(2005年04月07日掲載)
<インタヴューズ>まさか研究者で"低音質”を研究する人などいないと信じていた!(中島平太郎 3)(2005年04月14日掲載)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック