低域用に2基、中域と高域に各1基

コウォン、初のイヤホン「PLENUE X40」。BAドライバー4基搭載

編集部:小野佳希
2017年11月10日
コウォンジャパンは、コウォン初のイヤホンとして、バランスド・アーマチュアドライバー4基を搭載したインイヤーモニター(IEM)「PLENUE X40」を11月末に発売する。オープン価格だが73,889円前後での実売が予想される。

「PLENUE X40」

低域用に2基、中域と高域に各1基ずつのBAドライバーを搭載。同社では「しっかりとした密度のある低音と驚くほど繊細な中高音のサウンドを聞かせてくれる」としている。ポタフェスやヘッドホン祭に参考展示されていたモデル(関連ニュース)が正式発表された形。

制作は長年のノウハウを持つスペシャルリストたちが担当しているとのこと。ハウジング制作から回路、ボア構築など最初から最後までの全工程にかけて一つ一つ手作業で制作しているという。完成後は音響専門家のチューニングとテストを経て出荷される「最上のプレミアムIN-EAR MONITOR」だとアピールしている。

リケーブルに対応し、端子形状は2pinを採用。ケーブルは銀メッキを施しており長さが1.2m。端子は3.5mmステレオミニを採用している。

SPLは118dB(1kHz/1mW)で、再生周波数帯域は10Hz〜23kHz、インピーダンスが35Ω(1kHz)。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCOWON
  • 型番PLENUE X40
  • 発売日2017年11月末
  • 価格¥OPEN(予想実売価格73,889円前後)

関連記事