取り外し可能なスタビライザーを搭載

ヤマハ、ケーブル一体型Bluetoothイヤホン「EPH-W53」。鼓膜近くにドライバー配置

編集部:風間雄介
2017年10月18日
ヤマハは、ケーブル一体型のBluetoothイヤホン「EPH-W53」を12月上旬に発売する。価格はオープンだが16,800円前後での販売が予想される。

ヤマハ「EPH-W53」

「低域から高域までバランスの取れた、レンジの広い自然な音」をコンセプトにしたBluetoothイヤホン。同社がケーブルと左右のハウジングが一体となったタイプを発売するのは今回が初めてとなる。

6.4mmの高精度ダイナミックドライバーを搭載。イヤーピースを取り付けるステムのすぐ近くにセットされ、鼓膜に近い位置で歪の少ない音を鳴らすとしている。

6.4mmの高精度ダイナミックドライバーを鼓膜の近くに搭載

左右のハウジング両方に独VARTA(ファルタ)社製の信頼性の高いバッテリーを内蔵しており、ケーブル部のリモコンは小型としつつ、連続再生時間約7時間を実現している。

ケーブル部のリモコンは小型

ハウジングはつかみやすい形状としつつ、耳の耳介と呼ばれる部分をホールドするスタビライザーを設置。耳に必要以上の力をかけず、長時間の装着で痛みを感じることがない設計としている。

スタビライザーを外したところ

スタビライザーは耳のサイズに合わせてL/M/Sの3サイズが付け替えられる。またイヤーピースはLL/L/ M/S/ SSの5サイズが付属する。

Bluetoothのバージョンは4.1、再生コーデックはSBC/AAC/aptXに対応する。ケーブル長は0.52m、質量は14g。

なおHPH-W300、EPH-W53、さらに10月4日に発表されたハイレゾイヤホン「EPH-200」(関連ニュース)の3製品は、発売までに試聴会を開催する。会場はビックカメラ、ヨドバシカメラ、eイヤホンといった量販店に加え、ヤマハ銀座店1Fを予定しているとのこと。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドYAMAHA
  • 型番EPH-W53
  • 発売日2017年12月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格¥16,800前後)
【SPEC】●ドライバー:Φ6.4mmダイナミック型 ●Bluetoothバージョン:4.1 ●再生コーデック:SBC AAC aptX ●連続再生時間:最大約7時間 ●ケーブル長:0.52m ●質量:14g

関連記事