全6色をラインナップ

JBL、エントリーモデル“Tシリーズ”のBluetoothイヤホン「T110BT」

編集部:川田菜月
2017年10月11日
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うJBLブランドのエントリークラス“Tシリーズ”より、Bluetoothイヤホン「T110BT」を発表。ブラック/ホワイト/ブルー/グレーの4色を10月20日から、ピンク/グリーンの2色を11月から発売する。価格はオープンだが、公式サイト価格は3,380円(税抜)となる。

「T110BT」

T110BTは、同ブランドのエントリークラス“Tシリーズ”のBluetoothイヤホン。IFA2017にて発表されていたモデルで(関連記事)、今回日本国内での発売日および価格が決定したかたち。

φ8.6mmダイナミックドライバーを搭載。ハウジングは耳元にすっきりと収まるようコンパクトな設計を採用し、カラーは6色用意。様々なファッションやライフスタイルに合わせて使用できるとしている。

ブラック/ホワイト/ブルー/グレー/ピンク/グリーンと全6色をラインナップ

Bluetoothはver.4.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応する。イヤホン部にはマグネットを内蔵し、使用しない時には左右のイヤホンをくっつけて首にかけることもできる。

ケーブル部にはマイク付3ボタンリモコンを装備し、通話・音量調整・曲操作が可能。またバッテリーパックも付属しており、約2時間の充電で最大約6時間のワイヤレス再生を実現する。

3ボタン式マイク搭載リモコンを装備

周波数特性は20Hz〜20kHz、質量は約16.5g。イヤーチップ(S/M/L各サイズ)、充電用ケーブルを付属する。

Mサイズのイヤーチップは標準装備
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJBL
  • 型番T110BT
  • 発売日2017年10月20日(ピンク/グリーンのみ11月発売)
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格3,380円/税抜)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型Bluetoothワイヤレスカナルイヤホン ●Bluetooth:Ver 4.0 ●伝送範囲:Class 2(通信距離10m、障害物がない場合) ●対応プロファイル:A2DP v1.2、AVRCP v1.5、HFP v1.5、HSP v1.2 ●ユニット:8.6mm径ドライバー ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●充電時間:約2時間 ●音楽再生時間:最大約6時間 ●質量:約16.5g(本体のみ)

関連記事