Googleアシスタント機能も搭載

Google、40カ国言語のリアルタイム翻訳ができるBluetoothイヤホン「Pixel Bud」

編集部:川田菜月
2017年10月05日
米Googleは現地時間10月4日、Googleアシスタント機能搭載のネックバンド型Bluetoothイヤホン「Google Pixel Bud」を発表。米国にて11月から発売予定で、価格は159ドル。同時期にカナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポールでも発売される。

「Google Pixel Bud」

Google Pixel Budは、Googleアシスタント機能を搭載したBluetoothイヤホン。同社の新スマートフォン「Pixel 2」と合わせた、Just Black、Clearly White、Kinda Blueの3色を用意する。

「Pixel 2」と合わせたカラーを3色用意

イヤホン部にはマイクを内蔵。右イヤホンにタッチパッドを装備し、タップすることで音楽再生/一時停止、前後にスワイプすると音量調整などのオーディオ操作が可能。通話時などにはユーザーの声にフォーカスして騒音をフィルタリングするとのこと。

右イヤホン部に操作タッチパッドを装備

右イヤホン部を押し続けるとGoogleアシスタント機能が起動。音楽再生や電話、道順を尋ねるといった検索機能に素早くアクセスすることができ、メッセージやカレンダーの予定などの読み上げにも対応する。

さらに同社のスマートフォン「Pixel」シリーズと連携して、Google翻訳が使用できる「Google Translate on Pixel」にも対応。リアルタイムに言語間の翻訳が可能で、日本語を含む40カ国の言語に対応する。

Pixelと連携した「Google Translate on Pixel」に対応

日本語を含む40カ国の言語のリアルタイム翻訳ができる

使用する際には、右側のイヤホンを押しながら「イタリア語を話せるように助けてください(Help me speak Italian)」と本機能に話しかけると、ユーザーの話す言葉を翻訳してPixelのスピーカーから再生。また相手の話す言葉をPixel側のマイクで受け取ると、翻訳してPixel Bud側で再生してくれる。

1回の充電で最大5時間の連続使用が可能。充電ケースと合わせると最大24時間使用することができる。ペアリングは、Android 7.0 Nougat以上搭載のスマートフォンであれば、充電ケースから取り出すとスマホ側で自動検出、接続が可能となる。

1回の充電で最大5時間、ケースと合わせて最大24時間の連続使用が可能

対応OSはAndroid 5.0 Lollipop以上、iOS 10.0以上。なお、Googleアシスタントを使用するにはAndroid 6.0以上搭載の端末のみとなる。

ファブリックループを備えており、耳の形状に合わせて調整可能。イヤーピースがなくても快適なフィット感を実現するとしている。充電端子はUSB typeCを採用。質量は14g、充電ケースは43g。

関連記事