民放では初の試み

メ〜テレ、放送と連動した4K配信を中部ブロック5局同時ネットで実施

編集部:押野 由宇
2017年10月11日
メ〜テレ(名古屋テレビ放送)は、ハイブリッドキャストを活用した、放送と連動した複数コンテンツの4K配信を、テレビ朝日系列中部ブロック5局の同時ネットで10月18日(水)に実施する。

HD放送と通信4K映像を同期させたコンテンツ配信のイメージ

同取り組みは総務省「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた技術等検証事業」の一環として実施されるもの。また、HD放送と同期した4K映像をハイブリッドキャストにより4K配信し、一部映像を放送エリア別に差し替える試みも行われる。複数局同時ネットによる放送と連動した4K配信は民放初の試みとなる。

番組構成のイメージ

予定されている番組は「GO!GO!ご当地麺紀行」で、10月18日(水)の3時42分から57分までの15分間放送。内容については「それぞれの地域が誇る『麺料理』を地元局のアナウンサー、 タレントが紹介する地元グルメ番組。イチオシする『麺料理』を紹介しつつ、通信側では周囲の観光地などを4Kらしい高画質で紹介」すると紹介されている。放送エリアは愛知、岐阜、三重、静岡、長野、新潟、石川。

4K配信は視聴地域に応じて、視聴地域に応じた文字スーパー制御、視聴地域に応じた映像の一部差し替え、視聴地域に応じた4Kから2Kへの強制引き戻し制御といった制御が行われる。これにより、視聴者に対し地域情報をより的確に配信し、地域の緊急時にはその地域だけを放送波に引き戻すことが可能となるとしている。

4K映像視聴条件として、リアルタイム視聴であること(録画視聴でないこと)、インターネットに接続されていること、メ〜テレで動作確認がとれた対象メーカー・対象機種テレビであることが挙げられている。なお、これらの条件を満たしてもネットワークの状況で4K映像を視聴できない可能性がある。推奨回線速度は16Mbps以上。対象機種の詳細は次の通り。

●SONY:X9350D/X9300D/X8500D/X9400C/X9300C/X9000C/X8500C/X8000C シリーズ
●Panasonic:EZ1000/950、 EX780/750/600、 DX950/850/800/770/750/600 シリーズ
●SHARP:US45/U45/US40/U40/XD45 シリーズ

関連記事