4,990円でダウンロード販売

ペガシス、H.265/HEVC対応など機能大幅強化した動画管理ソフト 「TMPGEnc KARMA.. Plus 2」

編集部:小野佳希
2017年10月13日
ペガシスは、H.265/HEVCやXAVC Sにも対応ファイルを拡大するなど機能を大幅強化した動画管理ソフトウェア 「TMPGEnc KARMA.. Plus 2 (ティーエムペグエンク カルマプラス 2)」を10月24日に発売する。ダウンロード販売のみで価格は4,990円(税抜)。対応OSはWindows 10/8.1 Update/Windows 7 SP1(※64bit OS専用)。本日10月13日より先行体験版を公開した。


ハードディスクに保存された多数の動画ファイルの内容確認、閲覧、検索、分類、比較などを可能とする動画管理専用アプリケーション。従来製品からのフィードバックをもとに8年ぶりにメジャーアップデートし、大幅に機能を強化した。

最新版では、多くのユーザーの最終的な目的が視聴であることに着目。マウスホバーでのダイジェストムービー再生や、CM候補検出によるチャプター付与、倍速再生機能など、視聴に向けての範囲にフォーカスした開発を行うとともに、Intel Quick Sync Video、NVIDIA NVENC、AMD Media SDK(VCE) による H.264/AVC、H.265/HEVC ハードウェアエンコードにも対応。“8K時代に対応する自由なプレビューコントロール”を可能にするなど、プレーヤー機能を全面刷新した。

主な追加機能は下記の通り。

■対応入力フォーマット拡大

・H.265/HEVC ファイルの入力に対応
・MXF コンテナ入力に対応
・High 4:4:4 10ビット H.264/AVC の入力に対応
・XAVC S ファイルの入力に対応
・WebM(VP8/9)/Ogg 入力に対応
・音声単体ファイルの入力に対応
・タイトル/マルチストリーム解析機能

■メインインターフェース変更

・自由な表示を実現するライブラリビュー
・強化されたストーリーサムネイル機能
・視聴済みインジケーターを搭載
・情報表示が更に詳細に。クイックプレビュー
・"CM 候補検出" 機能を搭載
・ペガシス製品で出力したキーフレームファイルのチャプター適用に対応
・ペガシス製品との連携編集に対応
・他のプレイヤー/プログラムとの連携機能


■プレーヤー全面刷新

・マウスホバーでの簡単サーチ機能
・早見/スロー再生機能
・8K時代に対応する自由なプレビューコントロール
・"NVDEC/CUDA"、"Intel Quick Sync Video"、"AMD Media SDK"のハードウェアデコードに対応
・現在フレーム情報表示機能
・複数字幕・音声データの再生、切り替えに対応
・強化されたチャプター機能
・粗い、暗い、そんな映像もより見やすく - フィルター機能の搭載
・プレビュー映像の画像保存に対応
・刷新されたデュアルプレーヤーモード
・"Intel Quick Sync Video"、"NVIDIA NVENC"、"AMD Media SDK(VCE)" すべてのハードウェアに対応したエンコード機能 - H.265/HEVC にも対応

■その他の機能

・TMPGEnc Smart Tap Controller に対応
・Karma レベル機能を搭載
・再生履歴機能を搭載
・デフォルトプレーヤーの登録が可能
・サムネイル画像の取り込み機能を搭載
・64ビットアーキテクチャにネイティブ対応

関連リンク

関連記事