4K対応番組表はカスタマイズが可能に

シャープ、「BD-UT3200」など新UHD BDレコーダー4機種。「可変早見・早聞き」&新ドライブ搭載

編集部:成藤正宣
2017年10月12日
シャープは、録画を1.1倍から2倍までの早さで自由に変更して再生できる「可変早見・早聞き」機能を搭載したUltra HD Blu-ray(UHD BD)再対応レコーダー4機種を10月30日から発売する。

「BD-UT2200」

【ラインナップ】
・BD-UT3200(3チューナー/3TB HDD):¥OPEN(予想実売価格105,000円前後)
・BD-UT2200(3チューナー/2TB HDD):¥OPEN(予想実売価格95,000円前後)
・BD-UT1200(3チューナー/1TB HDD):¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
・BD-UW2200(2チューナー/2TB HDD):¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)

2チューナー搭載の「BD-UW2200」

「可変早見・早聞き」は従来機種にも搭載されていた再生機能「早見・早聞き」を強化したもの。従来の早見・早聞きでは速度が1.5倍に固定されていたが、今回新たに録画の再生スピードを1.1倍から2.0倍までの10段階に調整できるようになった。

本機能は映像のみならず、音声や字幕の表示速度にも適用される。HDD、BD-R、BD-RWに録画した番組再生時に使用可能で、DVD再生時は再生速度が1.5倍で固定。BD-ROM、DVD-ROMに使用することはできない。

従来は固定だった再生速度を変更できるように

「早見・早聞き」中は画面隅にマークが表示


「早見」機能ボタンを搭載する専用リモコン
BDドライブ部は開口部を減らして防塵対策を施して寿命を伸ばすとともに、光学部品の精度とソフトウェアの改善によって読み取りの確実性と耐久性を向上させた「ホコリシールドBDドライブ」を採用。社内試験にて従来型BDドライブの約3倍の寿命を確認したという。読み取り速度や画質などの性能については従来機種から変更はない。

耐久性能を高めた「ホコリシールドBDドライブ」

チリ・ホコリを含む冷却風がドライブ内へ入らない


実験で3倍の耐久性能を確認したという
新機能として「250倍速なめらかサーチ」を搭載。早送り/早戻しの画面表示を高速化するとともに、1秒間あたりのコマ数も増加させることで目的のシーンを見つけることが容易になった。

レコーダーメニュー画面。機能説明が左上に表示される

地デジ/BSデジタル放送の連続ドラマを自動で4週間分録画できる「ドラ丸」機能を引き続き搭載。新たに番組サムネイルの動画表示・音声再生が可能となっている。

連続ドラマをまとめて録画する「ドラ録」。サムネイルが動画表示に

4Kテレビの表示サイズにあわせた文字フォントを採用するなどした「4Kビジュアル番組表」も機能を強化。今回から、表示するチャンネル数、文字のサイズや濃さ、背景色などをカスタマイズ可能となった。利用者に最適な表示となるよう、約28,000通りの組み合わせから選択できるという。

表示するチャンネル数、ジャンル色、文字サイズ、文字の濃さ、番組詳細表示、文字背景色をそれぞれカスタマイズ可能

関連記事