ワイヤレススピーカーとしても使える

<IFA>Bang & Olufsen、音にこだわった4K有機ELテレビ「BeoVision Eclipse」

編集部:風間雄介
2017年09月03日
IFA2017においてBang & Olufsenは、同ブランド初の4K有機ELテレビ「BeoVision Eclipse」を発表。ブースでさっそく展示を行っている。

ブースもラグジュアリー感あふれるBang & Olufsen

「BeoVision Eclipse」

ラインナップは55型と65型で、価格は55型が9,120ユーロ、65型が12,820ユーロ。

本機の開発においては、LG Electronicsとのコラボレーションが行われた。「究極のテレビ体験ができる」と同社ブースの説明員はアピールする。

製品を見て気づくのは、巨大なスピーカーがテレビ画面の下にあることだ。まるでサウンドバーとテレビが一体化したようなデザインとなっている。同社ではこのスピーカー部を「SoundCentre」と呼んでおり、左右だけでなく、センターチャンネルにもスピーカーユニットを装備。合計6ユニットを内蔵し、合計で最大450Wの出力を備える。

スピーカー部の内部も確認できた。センター付近に4つのユニットが見える

また本機は、テレビ内蔵のサラウンドモジュールを使い、同ブランドのスピーカー「BeoLab」などと接続することが可能。これによりサラウンド音声の再生が行える。

Bang & Olufsenのスピーカー「BeoLab 50」

さらに本機はAirPlayやChromecast built-in、Spotify ConnectやBluetoothにも対応。本機をテレビとしてだけでなく、ワイヤレススピーカーとしても活用できる。

なお本機は円形のスタンドを備えているが、この内部に回転機構を装備。テレビ画面を電動で回転させることができる。会場には内部構造がわかる展示も行われていた。

スタンドは回転機構を装備。その構造が分かる展示も行われていた

関連記事