「これからの高画質」を語り合う

東芝、公式サイトでREGZA技術者とKURO技術者の対談記事を公開

ファイルウェブ編集部
2017年02月23日
東芝は、同社公式サイトにて、4K有機ELレグザを開発した技術者と、パイオニア“KURO”の技術者が対談したスペシャルコンテンツを公開した

4K有機ELレグザ「X910シリーズ」

題して『“KURO”の開発者も認めた!4K有機ELレグザ「X910シリーズ」の魅力!』。

登場しているのは、KUROの開発を担当した、現オンキョー&パイオニアテクノロジー(株)事業開発部 部長の西尾正昭氏と、レグザの画作りを担当していることでおなじみ、東芝デベロップメントエンジニアリング(株)デジタルメディアグループ TV映像マイスタの住吉肇氏。

画質を知り尽くす2人が、これからの4Kテレビに求められる「真の高画質」とは何かを語りあうという、読み応えのある内容となっている。

関連記事