「オーディオCDチェック機能」も搭載

パイオニア、世界初のUHD BD対応内蔵型BD/DVD/CDライター2機種

編集部:小野佳希
2017年01月24日
パイオニアは、Ultra HD Blu-ray(UHD BD)の再生に世界で初めて対応した16倍速記録対応内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-S11J-BK」と「BDR-S11J-X」を2月下旬に発売する。「オーディオCDチェック機能」を搭載した上位機「BDR-S11J-X」が35,000円前後、同機能を省いた「BDR-S11J-BK」は22,000円前後での販売が予想される。

BDR-S11J-X

BDR-S11J-BK

両モデルともUHD BDを再生できるほか、BDディスク(1層:25GB/2層:50GB)、BDXLディスク(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD-RE XL:3層100GB)への記録と再生が可能。UHD BDの再生に対応する「PowerDVD14」や、64-bitネイティブサポートの動画編集ソフト「PowerDirector 14」などの各種ソフトをバンドルしている。UHD BDへの対応は内蔵型BD/DVD/CDライターとして世界初だという。

また、オーディオCDのデータを忠実に読み取る「PureRead(原音再生)」の再読み取り性能を向上させた「PureRead4+」を搭載したほか、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑える「RealTimePureRead」も搭載している。

「PureRead4+」では、ディスク表面の汚れや傷でオーディオCD のデータが読み取れないときに、再度読み取りを行う「PureRead3+」の読み取り性能を大幅に向上させたとのこと。また、「RealTime PureRead」では、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑え、オーディオCD 本来の音質で再生するという。

そのほか、ローディング動作や静音設定などを最適化する「ビデオ&オーディオモード」機能も搭載。映像ディスク視聴時には、フロントパネルのインジケーター(青色LED)を消灯することができる。

「BDR-S11J-X」には、「オーディオCDチェック機能」を搭載。本機で再生するオーディオCD の再生品質をチェックして4 段階(A〜D)で表示するとともに、低い品質レベル(C、D)の場合には、本機の設定変更をはじめとする対処方法を表示する。本機能では、オーディオCDのすべてのデータをチェックする“フル設定”と、短時間でデータをチェックする“クイック設定”を選択することができる。

そのほか、低抵抗フラットケーブルと銅メッキネジを採用することで導通性能を高め、記録再生信号のノイズを低減。また、防振部品を各部に実装することで、ディスク回転時の振動を低減させている。加えてディスクトレーにハイエンドオーディオ機器にも採用している塗装を施すことで防振性能を向上させている。

フロントパネルには、傷が付きにくい高光沢ハードコートUV塗装を施している。そして筐体の内外装に特殊塗装を施すことで、ピックアップからのレーザー光の乱反射を抑えるとともに、放熱性を高めている。

【問い合わせ先】
エスティトレード

・販売に関する問い合わせ先
TEL/03-3206-0678

・付属ソフトウェア、サポートに関する問い合わせ先
TEL/0120-810-924
携帯電話、PHS からの場合
TEL/03-3206-0806
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番BDR-S11J-BK
  • 発売日2017年2月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22,000円前後)
【SPEC】●記録ディスク:BD、DVD、CD ●再生ディスク:BD、DVD、CD ●バッファーメモリーサイズ:4MB ●外形寸法:148W×42.3H×181Dmm ●質量:740g
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番BDR-S11J-X
  • 発売日2017年2月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)
【SPEC】●記録ディスク:BD、DVD、CD ●再生ディスク:BD、DVD、CD ●バッファーメモリーサイズ:4MB ●外形寸法:148W×42.3H×181Dmm ●質量:740g

関連記事