ソニービデオ&サウンドプロダクツとベンチャーが共同出資

ソニーの音響技術を活用した“自由な発想の製品”を提案する新会社「ambie」設立。近日製品発表

編集部:小澤 麻実
2017年02月03日
ソニーの音響技術を活用したオーディオ製品やデジタルコンテンツの開発を行う新会社「ambie株式会社」が2017年1月11付で設立された。2月9日から第一弾製品を発売。製品の詳細は同日明らかにされる予定だ。


ambieは、ベンチャーキャピタルのWiL,LLC.と、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社の共同出資により設立された会社。「人と音の、関わり方を変えていく。」を理念に掲げており、WiL,LLC.のオープンイノベーションノウハウとソニーの音響技術を組み合わせた自由な発想の製品やデジタルコンテンツを提案していくという。

ambie株式会社 概要
・本社所在地:東京都港区六本木1-6-1
・代表取締役:松本 真尚
・設立年月:2017年1月11日
・資本金:3億円
・出資比率:WiL Fund I, L.P.:67%、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社:33%
・事業内容:音声に関する製品の設計、製造、販売及びリースデジタルコンテンツの・企画、販売、運営、並びにレンタル及びリース

関連記事