プレーヤー/テレビで対応機種増加

<CES>ドルビービジョン採用のUHD BDソフト、'17年初頭に登場。ワーナー/ユニバーサルなどから

編集部:風間雄介
2017年01月05日
Dolby LaboratoriesとLionsgate、Universal Pictures Home Entertainment、Warner Brosの4社は、ドルビービジョン方式のHDRでマスタリングしたUltra HD Blu-ray(UHD BD)ソフトを2017年初頭に発売するとアナウンスした。


ドルビービジョンはHDRの一方式。すでにOTTでは、Netflixが国内でドルビービジョン対応コンテンツを配信開始している。HDR10とは異なり、動的なメタデータを持つことが特徴だ。

UHD BDではHDRの方式としてHDR10が標準規格となっており、ドルビービジョンはオプション規格となっている。このためHDR10を採用するソフトばかりだったが、今回、初めてドルビービジョン対応ソフトが登場することになる。

なお、ドルビービジョン収録のUHD BDを視聴するには「ドルビービジョン対応コンテンツ」「対応プレーヤー/レコーダー」「対応テレビ」の3点セットが必要となる。対応テレビはLG電子が2016年モデルからドルビービジョンをサポート。本日発表されたソニーの有機ELテレビ/液晶テレビもドルビービジョンをサポートしている。

さらにUHD BDプレーヤーでは、OPPOが「BDP-203」をファームウェアアップデートしてドルビービジョンへ対応させることをアナウンスしているほか、LG電子がCES 2017で公開したUHD BDプレーヤーもドルビービジョンをサポートする。

関連記事