スタンダードモデル「Reference On-Ear Bluetooth」も

クリプシュ、特許技術ドライバー採用のBTヘッドホン「Reference Over-Ear Bluetooth」

編集部:小野佳希
2016年10月21日
フロンティアファクトリーは、新開発の「Klipsch Balanced Dynamic(KBD)」ドライバー・テクノロジーを採用した「Reference Over-Ear Bluetooth」と、40mmシングル・ダイナミックドライバー搭載の「Reference On-Ear Bluetooth」という、Klipsch(クリプシュ)ブランドのBluetoothヘッドホン2機種を12月2日に発売する。

Reference Over-Ear Bluetooth

ともにオープン価格だが直販サイトでは「Reference Over-Ear Bluetooth」は32,400円(税込)、「Reference On-Ear Bluetooth」は27,000円(税込)で販売する。

Reference On-Ear Bluetooth

「Reference Over-Ear Bluetooth」は、新開発の米国特許取得済み「Klipsch Balanced Dynamic(KBD)」ドライバー・テクノロジーを採用。なおドライバーそのものには40mm径のFull Range KG-L40を搭載している。

KBDテクノロジーでは、ダイアフラムからリード線を取り除いて重さを均一化。これによって、ドライバーの相互変調歪み(IMD)を低減させることで低音が滑らかになるとともに、音が膨らんだり途切れたりすることなく中高域へとつながるという。また、ダイナミクスが一層向上することで、クリプシュの伝統的なスピーカーで聴こえた音場の広がりと臨場感を再現するとしている。

本体は、最小限の部品構成にヒンジやスライド機構を隠したデザインで、剛性も従来より向上。各種コントロール機能は右側のイヤーカップに集約され、楽曲の再生や停止、曲送りやボリュームコントロールなどの操作が可能。

また、フラットケーブルも付属しており、ワイヤードでの利用も可能。端子は一般的な3.5mmステレオミニで、ヘッドホン本体とケーブルとの接続は2.5mm端子を採用している。

再生周波数帯域は15Hz〜20kHzで、感度が110dB、定格出力が100mW、インピーダンス(1kHz)は32Ω。BluetoothはVer.4.0で、SBC、AAC、aptXコーデックに対応している。

一方の「Reference On-Ear Bluetooth」は、従来から引き続きDynamic Moving Coil型の40mm径Full Range KG-105ドライバーを搭載。クリプシュのハイスタンダード・ヘッドホン「Reference On-Ear」の音質と快適さをさらに向上させたとのことで、「Bluetooth対応の新世代ハイスタンダード・ヘッドホン」だとしている。

クリプシュのフラッグシップ・ホームシアタースピーカー『Reference』シリーズと同じ音響エンジニアリングと工業デザインを採用。70年受け継がれてきた伝統のクリプシュサウンドを奏でるとしている。

イヤーカップには低反発素材を採用。「Reference Over-Ear Bluetooth」同様に各種コントロール機能は右側のイヤーカップに集約しているほか、付属フラットケーブルでの有線利用もできる。

再生周波数帯域は20Hz〜20kHzで、感度が110dB、定格出力が100mW、インピーダンス(1kHz)は32Ω。BluetoothはVer.4.0で、SBC、AAC、aptXコーデックに対応している点は「Reference Over-Ear Bluetooth」同様。

なお、両モデルとも明日10月22日および23日に中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2016」に出展。製品を試せるようにする。

関連リンク

関連記事