ロングセラーモデルAH-C710の後継機種が登場

デノン、特許機構“デュアルエアーコンプレッションドライバー”採用イヤホン「AH-C820」など3機種

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年08月29日
デノンは本日8月29日に新製品発表会を開催。カナル型ヘッドホン「AH-C820」「AH-C720」「AH-C620R」の3機種を9月上旬より順次発売する。

・「AH-C820」 9月上旬発売 ¥OPEN(予想実売価格22,000円前後)

AH-C820


・「AH-C720」 9月中旬発売 ¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)

AH-C720(シルバー)

AH-C720(ブラック)

・「AH-C620R」 9月中旬発売 ¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)

AH-C620R(ブラック)

AH-C620R(ホワイト)

2009年に登場した同社のロングセラーモデル「AH-C710」の後継として、新たに3モデルがラインナップ。直接の後継モデルとなる「AH-C720」、上位機種となる「AH-C820」、弟モデル「AH-C620R」を用意する。それぞれ新開発の11.5mmダイナミック型ネオジウムドライバーを搭載する。3機種ともに40kHzを再生可能で、ハイレゾロゴを取得した“ハイレゾ対応モデル”となる。

AH-C820のみ、同ドライバー2基を対向配置させたデュアルエアーコンプレッションドライバー方式を採用。エントリーの「AH-C620R」のみ、Appleデバイス向けのリモコンを搭載する。

なおこの3機種は、今年の夏に開催されたポタフェスやポタ研などのイベントにて、型番を伏せて“AH-C710の後継機”として参考出展されていた(関連ニュース)。今回、これらモデルが正式発表されたかたちだ。

(株)ディーアンドエムホールディングス 取締役の中川圭史氏

デノンは本日、東京・渋谷のTSUTAYA O-nestにて製品発表会を開催。冒頭では同社取締役の中川圭史氏が挨拶。デノンは2016年、ヘッドホン開発・製造を開始して50周年を迎えることを紹介。現在に至るまでの技術開発とノウハウの蓄積を反映させた、常に進化する製品を投入していくと意気込みを述べた。

以下に3機種の詳細を紹介していく。

「AH-C820」 - デュアルエアーコンプレッションドライバーを採用した最上位機

発表会には、同社マーケティンググループの宮原利温氏、今回の3モデルの開発を担当した成沢真弥氏が登場。製品の詳細についてプレゼンテーションを行った。

(株)ディーアンドエムホールディングス 成沢真弥氏

(株)ディーアンドエムホールディングス 宮原利温氏


「AH-C720」 - 11.5mmネオジウムドライバー/OFCケーブルを採用したスタンダード機

前のページ 1 2 3 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドDENON
  • 型番AH-C820
  • 発売日2016年9月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:φ11.5mmダイナミック型ネオジウムドライバー×2 ●インピーダンス:16Ω ●感度:115dB/mW ●最大入力:250mW ●周波数特性:4Hz〜40kHz ●質量:10.4g(ケーブル含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドDENON
  • 型番AH-C720
  • 発売日2016年9月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:φ11.5mmダイナミック型ネオジウムドライバー ●インピーダンス:16Ω ●感度:110dB/mW ●最大入力:250mW ●周波数特性:5Hz〜40kHz ●質量:8.6g(ケーブル含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドDENON
  • 型番AH-C620R
  • 発売日2016年9月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:φ11.5mmダイナミック型ネオジウムドライバー ●インピーダンス:16Ω ●感度:110dB/mW ●最大入力:250mW ●周波数特性:6Hz〜40kHz ●質量:6.6g(ケーブル含まず)

関連記事