BT.2020やHDRにも対応

NEC、4K映像をリアルタイム処理できるHEVC対応エンコーダー&デコーダー

編集部:小澤 麻実
2016年04月06日
NECは、4K映像をリアルタイム処理できるHEVC対応エンコーダー「VC-9700」とデコーダー「VD-9700」を7月に発売。10月に出荷を開始する。

VC-9700

VD-9700

本製品は4K映像をリアルタイムでH.265/HEVCにエンコードし約500分の1まで圧縮処理できるほか、約99msecという低遅延での圧縮・伸長処理も可能な点が大きな特徴。スポーツイベントや遠隔地からの生中継など、リアルタイム性が求められるシーンで高精細な映像を実現できるとしている。さらに、NECが地上デジタル放送開始以前から培ってきたというアルゴリズムを適用し、BT.2020やHDRにも対応している。

また、音声データにはMPEG-4 AAC ELD規格を採用することで、従来製品よりも音声圧縮に割り当てるビットレートを削減でき、映像により多く割り当てることができる点も特徴としている。筐体はどちらも1Uハーフラック(201W×44H×400Dmm)で、可搬性に優れるとのことだ。

4K映像のほか、HDやSD映像の圧縮/伸長処理も可能。エンコーダーはH.264、デコーダーはH.264およびMPEG-2に対応する。このため既存システムとの互換性も有しているという。

さらに、映像や音声信号を暗号化する「スクランブル方式」や、ネットワークでの安定したデータ伝送を実現する「誤り訂正方式」にも対応しており、衛星やIPネットワークによる伝送が可能となっている。

本製品は4月16日からラスベガスで開催される世界最大級の放送機器展示会「NAB SHOW 2016」に出展される。


【問い合わせ先】
NEC 放送・メディア事業部
TEL/03-3798-6366

関連記事