小型化しつつ高精細化も実現

ソニー、ハイブリッドAFや3軸手ブレ補正内蔵のスマホ向け2,250万画素CMOS

編集部:小野佳希
2016年02月16日
ソニーは、1/2.6型と小型ながら有効画素数2,250万画素を実現し、ハイブリッドオートフォーカスと3軸電子手ブレ補正機能を内蔵した積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS”「IMX318」を商品化。サンプル価格2,000円(税抜)で5月から量産出荷を開始する。

“Exmor RS”「IMX318」

積層構造および業界最小の1.0μm(マイクロメートル)単位画素の採用により、薄型スマートフォンにも搭載可能な1/2.6型の小型サイズと、有効画素数2,250万画素という業界最高クラスの高解像度を両立を実現。1.12μm単位画素を採用した1/2.4型の従来製品『IMX230』から更なる小型化・解像度向上を達成しながらも、従来品同等レベルの画質の維持を実現したという。

光の利用効率を高める製造技術と、画質劣化の原因となるノイズを低減する回路設計技術を駆使し、高画質な1.0μmの微細画素センサーを開発。夜景撮影は光量が少なくノイズが出やすいためにスマートフォンに搭載される小型のカメラでは難しいとされているが、本製品では美しく撮影することができるとしている。

従来はアプリケーションプロセッサーとの組み合わせで実現していた、像面位相差AFとコントラストAFとの組み合わせによるハイブリッドAFを、業界で初めて積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵。同社が培ってきた高速AF技術により最速0.03秒(60fps動画時:最速0.017秒)の高速AFを実現している。

また、こちらも業界で初めて、動画向け3軸電子手ブレ補正機能をイメージセンサーに内蔵。外部から入力された3軸(角度ブレ:ピッチ/ヨー、回転ブレ:ロール)ジャイロセンサーの信号を効果的に活用することにより、手ブレの少ない4K動画の撮影が可能になるという。

今回独自開発した手ブレ補正機能は、手ブレ補正と同時にレンズの歪みを補正することができるため、より美しい動画撮影が可能だと同社は説明。また、本イメージセンサー内部のハードウェアで処理することで、アプリケーションプロセッサーでソフトウェア処理する場合よりも、低消費電力で実現できるという。

出力インターフェースとして、MIPI(Mobile Industry Processor Interface Alliance)の最新規格であるC-PHY1.0/D-PHY1.2インターフェースを採用し、高速かつ低消費電力なデータ伝送を実現。これにより、2250万画素という高解像度でも全画素30fpsの伝送を可能にした。

例えば4K 30fpsの動画を撮影中でも、アプリケーションプロセッサーへ4K解像度を超える全画素で伝送ができているため、気に入ったシーンは2250万画素の静止画記録をすることといったことも可能。高解像度の動画と静止画とのシームレスな撮影スタイルを実現するとしている。

関連リンク

関連記事