各ブランドのトップエンドAVアンプが集結

【音展】AVアンプ各社がアトモス再生を軸に“ホームシアター体験デモ”を実施

編集部:小澤貴信
2015年10月18日
10月16日から本日18日まで開催されている“音展”「オーディオ&ホームシアター展 2015」では、AVアンプを手がける各社による「ホームシアター体験デモ」ブースが出展。ドルビーアトモス再生が可能な体験ブースを用意し、各ブランドのトップエンドAVアンプのデモンストレーションが行われた。

「ホームシアター体験デモ」で行われたオンキヨーの試聴イベントの模様

同ブースに出展したのは、AVアンプがヤマハ、デノン、マランツ、オンキヨー、パイオニアの6ブランド。各ブランドがトップエンドのAVアンプを用いて、ドルビーアトモスを軸にBD再生のデモンストレーションを実施した。会場は常に満席の状態で、オブジェクトオーディオへの注目度の高さを改めて実感させられてた。

ヤマハからはAVENTAGEシリーズの一体型AVアンプ・トップエンドモデルとなる「RX-A3050」が登場。パイオニアは、SC-LXシリーズのフラグシップとなる「SC-LX89」、オンキヨーはやはり最上位モデル「TX-NR3030」を出展した。

YAMAHA「RX-A3050」

PIONEER「SC-LX89」

オンキヨーはデモンストレーションの中でドルビーアトモスの構築方法を紹介。より手軽に導入できる方法として同社のイネーブルドスピーカー「D-309H」を用いたアトモス再生のデモも行った。

ONKYO「TX-NR3030」

ONKYOのイネーブルドスピーカー「D-309H」

デノンはこちらの記事でもお伝えしたとおり、ドルビーアトモスに加えてDTS:Xの再生も実施。マランツは一体型AVアンプの最上位「SR7010」を用いてアトモス再生を行った。

DENON「AVR-X7200WA」

MARANTZ「SR7010」

ちなみに“体験ブース”には、ドルビーアトモスの「7.1.4」システムが用意。各社が共通のシステムを用いてデモンストレーションを行った。システム構成は、グランドレベルの7chスピーカーがB&W「CMシリーズ」。バスケットゴール型のブランケットに取り付けられたトップフロント/リアスピーカーがパイオニア「S-CN301-LR」。サブウーファーにはヤマハ「NS-SW1000」が用いられた。BDプレーヤーはパイオニアの旗艦機「BDP-LX88」だ。なお4KプロジェクターはJVC「DLA-X700R」が用いられた。

7ch分のスピーカーはB&W「CM S2」シリーズ、サブウーファーはYAMAHA「NS-SW1000」が用意された

トップスピーカーにはPIONEER「S-CN301-LR」を4基設置

なお、ホームシアター体験デモのブースでは、他にも各社がテレビ周りのホームシアタシステムや主要AVアンプの展示も行っていた。

PIONEERのホームシアターシステム「HTP-SB760」

YAMAHA「RX-S601」


DENON「AVR-X4200W」(手前)

ONKYO「TX-RZ800」


関連記事