オーバーヘッドとノイキャンイヤホン

<IFA>ソニー、デザインコンシャスなハイレゾ対応ヘッドホン「h.ear」

編集部:小野佳希
2015年09月02日
ソニーは、ハイレゾ対応ヘッドホン/イヤホンの新モデル「h.ear(ヒア)」をIFAにて発表。オーバーヘッドの「h.ear on」と、ノイズキャンセリングイヤホン「h.ear in NC」を10月10日より欧州で発売する。また、欧州販売は未定だがノイズキャンセリングのない通常イヤホン「h.ear in」の存在も明らかにされた。「h.ear on」「h.ear in NC」ともに180ユーロ前後で販売される予定。

“h.ear on”「MDR-100A」


デザインコンシャスなハイレゾ対応ヘッドホン“h.ear on”

オーバーヘッドモデル“h.ear on”の型番は「MDR-100A」。位置づけとしては「MDR-10R/RC」の後継にあたる。なおBluetoothモデルの「MDR-10RBT」は販売を継続する。

折りたたみ対応でカラフルな5色で展開


ドライバー径は40mmで、振動板のドーム部分にチタンをコーティング。剛性の高いチタンをコーティングしてドーム部の剛性を上げ、不要な振動を抑制することで、60kHzに至る高域再生を実現した。また、軽量CCAWボイスコイルを用いることで、高域でリニアリティの高いレスポンスを実現したとしている。

ケーブルは着脱式で、グラウンド独立の4極プラグを採用。本体は折りたたみに対応している。

同時発表されたウォークマン「A20シリーズ」に合わせた、ビリジアンブルー/シナバーレッド/チャコールブラック/ライムイエロー/ボルドーピンクの5色をラインナップ。付属ケーブルやキャリングケースの色も本体色に合わせて異なるほか、ヘッドバンドを伸ばした際に見える金属部も本体色と同じ色になっている。

イヤーパッドや内側のネット、ヘッドバンドの金属部分も同じ色の仕上げにするなど徹底したこだわりを投入

イヤーカップ部のデザインも従来から趣向を変えており、カラーリングも含めて全体的にデザインコンシャスな点が大きな特徴。本機のようなモデルをハイレゾ対応として投入することで、ハイレゾ製品群のユーザー層を拡大していきたい狙いがあるという。

デュアルマイクでノイズを低減する“h.ear in NC”。ノイキャンなしの“h.ear in”も

ノイズキャンセリングイヤホンの“h.ear in NC”の型番は「MDR-EX750NA」。インナーイヤーイヤホンとして初めてハイレゾとノイズキャンセリングの両立を実現させたとのことで、ノイズキャンセリング機能を適用しながらハイレゾ音源を楽しむことができる。こちらはh.ear on同様に5色で展開される。

“h.ear in NC”「MDR-EX750NA」


新開発の9mmダイナミックドライバーを搭載。振動板ドーム部分を小径化してそのまま音導管に音を放射する構造にることで、装着性を高めつつも40kHzまでの広帯域再生を実現させている。加えて、振動板はエッジ部のコルゲーションも調整して低域再生能力の向上にも配慮している。

スマホ用マイクリモコンを装備

バッテリー部分やマイクリモコン部も本体と同じ色

また、振動板を駆動する磁気回路にはマグネットをボイスコイルの外側に配置。これにより、振動板サイズに応じてマグネットも小さくせざるを得ない内磁型磁気回路での問題をクリアし、小型でありながら好感度を実現したという。

ノイズキャンセリングには、2つのマイクで騒音を感知するデュアルノイズセンサーテクノロジーにおるデジタルノイズキャンセリングを採用。ソニーのインナーイヤー型イヤホンとしては初めて同方式を採用した。

ノイズキャンセリングマイクで騒音を検知

同方式では、筐体の内側と外側に搭載した2つのセンサー(マイク)でノイズを集音。ソフトウェアエンジンによって騒音を打ち消す効果のある信号を生成してノイズを低減させる。まず外側のフィードフォワードマイクで集音し、さらに内側のフィードバックマイクによって耳元の音を集音。フィードフォワードマイクで消しきれなかったノイズを抽出することで、さらに高いノイズキャンセル能力を実現するという。

そして、「インテグレーテッドDNCプロセッサー」を新規開発。上記のデュアルノイズセンサーテクノロジーや192kHz/24bitへ省電力で対応できる同プロセッサーを開発することにより、バッテリーの小型化にもつなげている。

周囲の騒音を分析し、飛行機モードなど3つあるノイズキャンセリングモードから最適なものを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」も装備。騒音の変化に対して自動でモードを切り替える。

バッテリーはUSBによる充電で、最長約16時間の駆動が可能。バッテリーが切れた場合やノイズキャンセリング機能をオフにした場合でも通常のパッシブイヤホンとして使用できる。また、ケーブル部にはスマートフォン用マイクリモコンも装備している。

参考展示品の“h.ear in”「MDR-EX750AP」は、上記「MDR-EX750NA」からノイズキャンセリング機能を省いたようなモデル。EX750NAと同様に新開発の9mmドライバーを搭載し、ケーブル部にはスマートフォン用のマイクリモコンを装備している。

“h.ear in”「MDR-EX750AP」

ノイズキャンセリングを搭載しないh.ear in(左)も用意

本モデルもカラフルな5色展開。“h,ear on”と同じビリジアンブルー/シナバーレッド/チャコールブラック/ライムイエロー/ボルドーピンクの5色をラインナップし、付属ケーブルも本体部分の色に合わせて各色で異なっている。

h.ear on同様のカラフルな5色展開

関連記事