オリジナル音響技術採用のスピーカー

エイサー、HDMI 2.0入力端子を搭載した27型4Kディスプレイ

編集部:近藤 貴彦
2015年03月10日
日本エイサー(株)は、HDMI 2.0入力端子を搭載した4K対応27型液晶ディスプレイ「S277HKwmidpp」を3月11日より発売する。価格はオープンだが、90,000円前後での実売が予想される。

S277HKwmidpp

同社によれば、S277HKwmidppは世界初のHDMI 2.0入力端子を搭載した4K液晶ディスプレイ。4K/60Hz映像の入力に対応する。

ディスプレイ解像度は3,840×2,160で、IPS方式非光沢パネルを採用する。視野角は水平/垂直とも178度。輝度は300cd/m2で、コントラスト比は1,000対1。ディスプレイのsRGBカバー率は100%、表示色は約10億7,000万色で、色再現性を高めている。なお、OSDメニューには簡易カラー調節機能を搭載しており、従来のR,G,B(赤、緑、青)に、Y, M, C(イエロー、マゼンタ、シアン)を加えた6色で、彩度(Saturation)と色相(Hue)をそれぞれ調節できる。

本体は、液晶パネル周りのフレームを無くした「ゼロ・フレーム」デザインを採用。同社は「大迫力の映像を体感できるマルチディスプレイ環境にも最適」とアピールしている。

マルチディスプレイ環境

機能面では、低解像度コンテンツの解像度を補完し、クリアで鮮明な映像にして表示する「高解像テクノロジー」を搭載している。

その他、ブルーライトを軽減する「ブルーライトフィルター」機能を搭載。ブルーライト透過率は80%〜50%まで4段階の調節ができる。また、フリッカー現象をバックライト制御で抑制する「フリッカーレステクノロジー」も備えている。

音声面では、米DTSの音響技術「DTS Sound」に対応するステレオスピーカーを採用。内部には強度と柔軟性に優れたペーパーダイアフラム素材を使用している。また、同社オリジナル音響技術「Acer True Harmony テクノロジー」も採用し、抑揚の効いた広がりのある低音域を再現するとしている。

入力端子はHDMI 2.0の他、ディスプレイポート、ミニディスプレイポート、デュアルリンクDVI-Dを備える。

「S277HKwmidpp」の背面

外形寸法は614W×451H×154Dmm、重量は5.4kg。付属品としてDVIケーブル、DisplayPortケーブル、電源コードを同梱する。

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドACER
  • 型番S277HKwmidpp
  • 発売日2015年3月11日
  • 価格¥OPEN
【SPEC】●解像度:3,840×2,160 ●コントラスト比:1,000対1 ●入力端子:HDMI 2.0、ディスプレイポート、ミニディスプレイポート、デュアルリンクDVI-D ●外形寸法:614W×451H×154Dmm ●質量:5.4kg

関連記事