2015年から順次

ソニー、パナソニック、LGの4Kテレビが「ひかりTV 4K」に対応表明

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月03日
本日、NTTぷららが4K VODサービス「ひかりTV 4K」を10月27日に開始することを正式発表した。

これにあわせて、テレビメーカー各社が既存モデルや新製品について、2015年に4Kへ対応させることをアナウンスした。

ソニーは2015年春にBRAVIAを「ひかりTV 4K」に対応させる。X9500Bシリーズ、X9200Bシリーズ、X8500Bシリーズについて、アップデートでひかりTV 4Kを視聴可能にする予定としている。また4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」もひかりTV 4Kに対応させる予定だ。

パナソニックは2015年前半に、VIERA 4KモデルをひかりTV 4Kに対応させる予定。対応時期やモデルなどの詳細は別途パナソニックからアナウンスがあるという。

LGは、2015年に発売する4K対応テレビから、「ひかりTV」チューナーを内蔵する予定としている。

なお、ひかりTV 4Kについては、シャープ“AQUOS”のUD20ライン、US20ライン、U20ラインがひかりTV 4Kを直接視聴することが可能。また東芝も、2014年秋冬発売の“REGZA”Z10Xシリーズ、J10Xシリーズについて、2015年春のソフトウェアアップデートでひかりTV 4Kに対応することを表明している。

関連リンク

関連記事