4K対応STBなども参考出展

パナソニック、CEATECで4K WORLD訴求 − テクニクス製品の出展も

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月30日
パナソニックは、10月7日から11日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」に出展。同社の展示概要を発表した。

ブランドスローガンである「A Better Life, A Better World」のもと、4K製品などを展開。また、復活がアナウンスされたテクニクスブランドの製品も出展する。

コンシューマー向け4K製品としては、40〜85型まで幅広いラインナップを揃える「4Kビエラ」をはじめ、「4K動画撮影対応LUMIX」や、4Kで撮影した動画/写真をHDDに保存して再生できる「4K対応DIGA」を紹介。さらに、4K動画で捉えた決定的瞬間を約800万画素の静止画として切り出せる「4K PHOTO」など新たな撮影スタイル提案も行う。

BtoBプロダクトでは、プロ向け4Kカメラ/レコーダー「VARICAM35」や4Kタブレット「TOUGHPAD 4K」を出展。4K対応RF/IPハイブリッドセットトップボックスや、4K大型タッチパネルディスプレイも参考出展される。

また、復活がアナウンスされたテクニクスブランドの製品も「R1シリーズ」「C700シリーズ」ともに出展する。

関連記事