自宅で最長9泊10日利用可能

JVC、4Kプロジェクター「DLA-X700R/X500R」の貸し出し体験サービス

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月11日
JVCケンウッドは、JVCブランドの4K対応D-ILAプロジェクター「DLA-X700R」または「DLA-X500R」をユーザーの自宅で試せる貸し出しサービス「D-ILAホームシアタープロジェクターお試し体験サービス」を実施する。

DLA-X700R

・サービス実施期間:7月25日〜9月30日
・申し込み受付期間:7月11日〜7月21日
・商品貸し出し期間:最長9泊10日(機材到着日から9日間/10日目に返却)
・定員:最大40名(応募多数の場合は抽選)

サービス名の通り、自宅で「DLA-X700R」または「DLA-X500R」を試せるというもの。応募資格は、日本国内在住の成年で、機材受け取りの際に免許証やパスポートなど公的な本人確認書類を提示でき、使用後にはアンケートに協力できるというユーザー。1世帯につき1回のみ利用可能。

なお、貸し出し機材のカラーはブラックで、3Dメガネ2個と3Dエミッターも同梱される。スクリーンやケーブル、ソフトなどの貸し出しは行っていない。

利用料は無料だが、返送時の費用のみユーザー負担。応募多数の場合は上記のように抽選となり、抽選結果は応募期間終了後1週間以内にメールで通知するとしている。そのほか詳細は公式サイトにて確認できる。

関連リンク

関連記事