ソニー 4K BRAVIAを使用

W杯の4Kパブリックビューイングが開催 − 日本戦などを4K上映

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月18日
以前に発表された通り、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は、サッカー 2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会の4K録画放送を実施(関連ニュース)。東京・丸の内「丸ビルマルキューブ」で開催されているパブリックビューイング会場で一般来場者に向けて4K映像によるパブリックビューイングも実施した。

パブリックビューイング会場。なおスクリーンでは4K上映は行われない

パブリックビューイング会場には、180インチの大画面スクリーンに加えて、ソニーが「BRAVIA 4K Tower presented by Sony」と題して85インチの4K BRAVIA「KD-85X9500B」3台を設置。正式発売前の同製品を通して日本戦の4K録画映像や、過去大会のアーカイブ映像などを視聴できるようになっている。

4K BRAVIAでW杯を4K上映

本日のイベントでは、「日本対コートジボワール」戦の「Channel 4K」での4K録画放送を、上記の4K BRAVIA 3台で4K上映。今後も下記日程にて同様にW杯の4K上映を予定している。

・6月18日(水)17:00〜 日本 VS コートジボワール
・6月22日(日)14:00〜 日本 VS コートジボワール
・6月29日(日)14:00〜 日本 VS コートジボワール
・7月6日(日)17:00〜 ベスト16(グループC・1位 VS グループD・2位)
・7月18日(水)17:00〜 準々決勝(マッチ58)

本日上映された日本対コートジボワール戦の映像は、FIFAとのジョイントプロジェクトで日本放送協会が撮影制作する8Kスーパーハイビジョン映像(国際伝送協力:NTT)をもとに、4K番組を制作。会場ではChannnel 4Kで放映している映像をシャープ製の“AQUOS 4Kレコーダー”「TU-UD1000」で受信し、ソニー「KD-85X9500B」で再生するというシステムを用いていた。

本田選手のゴールシーン

なお、パブリックビューイングでの4K上映は上記の5試合だが、Channel 4Kでは7月1日17時からベスト16(グループC・1位 VS グループD・2位)、7月7日17時から準々決勝(マッチ58)、7月16日17時から決勝の4K録画放送を実施する予定。つまり、パブリックビューイング会場での4K放送は初回放送ではなく再放送ということになる。

4Kパブリックビューイングの参加者

4Kではないがリアルタイムのパブリックビューイングも実施。ただし日本戦は事前配布の整理券が必要

そして日本代表の予選リーグの残り2試合、ギリシャ戦とコロンビア戦については「FIFAとの契約の関係で、少なくとも大会期間中のChannel 4Kでの放送は行わない。ギリシャ戦はNHKとFIFAで8K撮影を行うようだが、Channel 4Kでの4K放送の許諾はおりなかった」(NexTV-F 元橋氏)という。また、Channel 4Kでは「大会終了後も1ヶ月くらいはW杯の試合を4K放送できるよう交渉している」とのことだった。

なお、ソニーによる「BRAVIA 4K Tower presented by Sony」ブースでは、これら今大会での試合の4K映像のほか、FIFA コンフェデレーションズカップ 2013の映像(90秒)や、FIFAワールドカップ公式ソングであるピットブルFeat. ジェニファー・ロペス&C・レイチ 「ウィー・アー・ワン」の映像も4Kで上映。計27試合程度のワールドカップ歴代名勝負映像、およびアジアカップの2K映像も上映している。

加えて、ソニーは銀座ソニービルでも200インチスクリーンでの4K映像上映などを行うW杯イベントも実施。こちらではBRAVIAのサッカーモード体験や、αを使ったユニフォーム撮影会などを体験できる。200インチスクリーンでの4K上映は現在のところ過去の試合の映像などだが、「今大会の4K映像も上映できるようにしたいと検討中」(ソニースタッフ)だという。

関連記事