「ヘキサクロマドライブ」で高画質化

パナソニック、4K液晶“VIERA”「AX800」 − 広色域パネル/6軸色補正搭載

ファイル・ウェブ編集部
2014年04月11日
パナソニックは、4K液晶テレビ“VIERA”の新モデルとして、「AX800」シリーズを5月中旬に発売する。

AX800シリーズの画面サイズは65型、58型、50型の3サイズ。同社はこれまで、4K液晶テレビとして「WT600」を展開していたが、65型モデル「TH-L65WT600」のみのラインナップだった。今回はサイズを拡大し、本格展開する。

上段左から「TH-58AX800F」「TH-50AX800F」 下段左から「TH-65AX800」「TH-58AX800」「TH-50AX800」

スタンドを無くし、筐体の上方を奥行き方向に3度傾けた「スラントデザイン」を採用。これにより大画面をテレビボードに置いた場合でも、見上げずに視聴できる。なお、58型と50型については、従来型のスタンドを採用し、画面を垂直に設置する「スタンダードデザイン」モデルも用意する。AX800シリーズの概要は以下の通り。

【スタンダードデザイン】
・58型「TH-58AX800F」」¥OPEN(予想実売価格43万円前後)
・50型「TH-50AX800F」¥OPEN(予想実売価格38.5万円前後)

「TH-58AX800F」

「TH-50AX800F」
【スラントデザイン】
・65型「TH-65AX800」¥OPEN(予想実売価格67万円前後)
・58型「TH-58AX800」¥OPEN(予想実売価格46万円前後)
・50型「TH-50AX800」¥OPEN(予想実売価格41.5万円前後)


「TH-65AX800」
AX800シリーズを含む2014年度のVIERA新モデルのコンセプトは「液晶No.1画質&Smart Inovation」。画質と使いやすさをともに進化させた。新規格への対応も果たしており、HDMI 2.0に対応する端子を装備しているほか、HDCP 2.2にも対応。さらにHEVCデコーダーも内蔵している。以下、詳細を見ていこう。

「ヘキサクロマドライブ」で広色域・色再現性向上

画質面では、新たにパネルとチップを統合した高画質化技術「ヘキサクロマドライブ」(HEXA CHROMA DRIVE)を搭載した。「ヘキサ」とはギリシャ語で「6」を表す言葉で、ヘキサクロマドライブは、RGBの3つの座標軸だけで映像処理を行うのではなく、補色である「CMY」も加えた6つの座標軸で補正することが特徴。これにより色彩豊かで忠実な映像を再現できるとしている。さらに液晶パネルにも広色域のものを採用。パネルとヘキサクロマドライブにより、広色域かつ正確な色再現性を実現したという。


カラーマネジメント回路は、前述の通り、6軸で色座標を補正することが大きな特徴。これにより中間色がねじれない、原画に忠実な広色域化を実現できるとしている。

また新カラーマネジメント回路では、暗いシーン(低輝度時)の色再現性が高まることも大きなポイント。従来モデルでは、たとえば輝度レベル10%の信号になると色域のねじれが発生し、色再現性が低下していたが、AX800のカラーマネジメント回路では、色域のねじれを解消して暗部の色再現性を改善している。


「ヘキサクロマドライブ」によって低輝度時の発色の変化を抑えた
また、ハイビジョン放送の色域も、カラーリマスター技術により、ほぼデジタルシネマに近い色域に広げる技術も備えている。

バックライトはサイドエッジ型で、ローカルディミングに対応。これにより黒を引き締めている。さらに、暗部階調を補正する技術として、「エリアガンマ制御」技術を搭載。明るい場所や暗い場所の明暗のレベルを分析し、それぞれ最適化することで、暗部階調をしっかり表現した映像を表示できる。

データベース型超解像とファイン・ディテール超解像を組み合わせた独自の超解像技術「4Kファインリマスターエンジン」もWT600に引きつづき搭載。12万パターンの高画質映像データベースと照合することで、地デジ放送やブルーレイ、SDコンテンツ、静止画などの精細感を引き上げるほか、4K映像入力時も、より高精細な映像に作り替えることができる。

なお映像入力端子は、HDMI 2.0が1端子、HDMI 1.4が3端子、Display Portが1端子となる。これはWT600と同じ構成だ。HDMI 2.0端子からは4K 60p 4:4:4映像の入力が可能。

なおAX800シリーズは、THX 4Kディスプレイ規格の認証を取得している。

スリムフロントスピーカー搭載で音質も向上

音質に関しては、スピーカーをテレビ正面に配置。スピーカーを下に向けたテレビに比べ、前面からしっかりと音が届くと説明している。スピーカーは高さ7mmとスリムだが、磁性流体を採用し、広帯域かつ低歪な再生音を実現したという。

さらに、独自開発のDSPを搭載。これにより細かな周波数制御が可能となり、クリアで伸びのある音を実現できるとしている。


スリムフロントスピーカーを搭載
顔認識してコンテンツをリコメンドする新機能

従来からVIERAが力を入れていた、使い勝手を高める機能もさらに進化させた。

新機能「インフォメーションバー」では、人感センサーと内蔵カメラによる顔認識により、テレビの前に立った人にあわせて、画面下に自動的に天気予報やおすすめコンテンツ、録画一覧などを表示することが可能。画面全体に情報を表示するのではなく、画面下にさりげなく表示されるのが特徴で、自然な情報の取得が可能になる。さらに、表示されたお知らせを見て、音声操作で詳細を見ることもできる。


新機能「インフォメーションバー」の表示イメージ。画面下からゆっくりと表示される

画面上のカメラで顔認識しユーザーを判別することが可能だ
さらに、これも新機能となる「マイチャンネル」では、テレビ番組や録画番組、YouTubeなどから横断的に、リコメンド番組やキーワード検索した番組を画面に一覧表示する。もちろん、登録されたユーザーごとに表示するコンテンツが変わるため、各ユーザーごとに最適化したコンテンツリストが表示される。なお、リモコンにある星印の「マイボタン」を押し、お気に入りのコンテンツを登録していくことで、リコメンド番組の精度を高めることが可能だ。


ユーザーそれぞれに最適なコンテンツを一覧表示する「マイチャンネル」
リモコンは円形のタッチパッドを搭載した新開発のものを付属。シンプルなボタン配置を採用したほか、音声操作用のボタンとマイクも搭載した。


円形のタッチパッドを搭載した新開発のリモコン

従来型のリモコンも付属する
音声操作の機能も高めた。WT600のユーザーからのフィードバックをもとに、操作コマンドを大幅に拡充させた。DIGAへの録画予約も、音声で「DIGAに録画予約」と話すことで直接行えるようになったほか、YouTubeの検索にも対応。「綾瀬はるかの動画は?」と話しかけると、関連動画のリストが表示される。

また音声操作機能では、どういうコマンドが使えるかを表示するガイド表示にも対応。初めてでも迷わずに使えることができる。さらに、声紋を認証することでユーザーを特定し、マイチャンネルやマイホームを切り替える機能も備えている。

さらにクラウド機能も備えており、マイホーム画面のダウンロードやアプリ、別売りオプションのショッピングを行う事が可能。また、ビデオメモやテキストメモ、写真などのデータをサーバーに保存し、スマホやタブレットから閲覧したり、友人と共有することもできる。

録画機能も充実、リモート視聴に対応予定

番組録画機能では、USB-HDDへの録画に対応。トリプルチューナーを搭載したことにより、2つの裏番組の同時録画が行える。

さらに6月上旬を予定しているソフトウェアのバージョンアップにより、DTCP+のリモートアクセス規格に対応。NexTV-Fの「リモート視聴」に準拠し、放送中の番組やUSB-HDDに録画した番組を、外出先のスマホやタブレットなどでストリーミング視聴することが可能になる。リモート視聴に対応したiOSアプリは6月上旬にリリース予定。時期は未定だがAndroidアプリもリリース予定だ。ただし録画中など、テレビの状態によってはストリーミング再生できない場合もある。

そのほかの機能では、「お部屋ジャンプリンク」や「ビエラリンク」に対応したほか、DLNAサーバー機能やファイル共有機能も搭載。さらに2画面表示機能、Skype、ハイブリッドキャストなどにも対応している。

スマートフォン対応では、スマホ向けアプリ「Panasonic TV Remote 2」を使って、スマホとVIERAの連携が可能。動画や写真、音楽、ウェブサイトを本製品と共有する「スワイプ&シェア」や、放送番組やUSB-HDDに録画した番組をスマホに転送することなどができる。

スタンダードデザインとスラントデザインが選べる

デザイン面では、「スラントデザイン」モデルを用意し、前述の通り、前面から見えるスタンドを無くし、インテリアの一部として溶け込むような「スラントデザイン」を採用したことが特徴の一つ。画面を3度傾けることにより、大画面テレビをテレビボードに置き、ソファに座った場合でも、画面を見上げずに、最適な視聴角度が得られるように工夫した。

スラントデザインモデルは、テレビの背面に重りを備えたスタンドを配置。このスタンド部は、ケーブルをきれいにまとめる構造とし、ケーブルがごちゃごちゃしないように工夫している。

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-58AX800F
  • 発売日2014年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格43万円前後)
【SPEC】●サイズ:58型 ●画素数:3840×2160 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●接続端子:HDMI×4(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)、DisplayPort×1、D4×1系統(音声はビデオ入力と兼用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット×1(SDXCメモリーカード対応)、USB×3 ●消費電力:242W(待機時 約0.1W) ●外形寸法:1306W×814H×292Dmm(スタンド含む) ●質量:約35kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-50AX800F
  • 発売日2014年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格38.5万円前後)
【SPEC】●サイズ:50型 ●画素数:3840×2160 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●接続端子:HDMI×4(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)、DisplayPort×1、D4×1系統(音声はビデオ入力と兼用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット×1(SDXCメモリーカード対応)、USB×3 ●消費電力:210W(待機時 約0.1W) ●外形寸法:1131W×708H×292Dmm(スタンド含む) ●質量:約26kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-65AX800
  • 発売日2014年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格67万円前後)
【SPEC】●サイズ:65型 ●画素数:3840×2160 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●接続端子:HDMI×4(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)、DisplayPort×1、D4×1系統(音声はビデオ入力と兼用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット×1(SDXCメモリーカード対応)、USB×3 ●消費電力:290W(待機時 約0.1W) ●外形寸法:1466W×887H×368Dmm(スタンド含む) ●質量:約59kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-58AX800
  • 発売日2014年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格46万円前後)
【SPEC】●サイズ:58型 ●画素数:3840×2160 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●接続端子:HDMI×4(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)、DisplayPort×1、D4×1系統(音声はビデオ入力と兼用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット×1(SDXCメモリーカード対応)、USB×3 ●消費電力:242W(待機時 約0.1W) ●外形寸法:1306W×779H×294Dmm(スタンド含む) ●質量:約48kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-50AX800
  • 発売日2014年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格41.5万円前後)
【SPEC】●サイズ:50型 ●画素数:3840×2160 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●接続端子:HDMI×4(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)、DisplayPort×1、D4×1系統(音声はビデオ入力と兼用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット×1(SDXCメモリーカード対応)、USB×3 ●消費電力:210W(待機時 約0.1W) ●外形寸法:1131W×697H×238Dmm(スタンド含む) ●質量:約34kg(スタンド含む)

関連記事