ハイブリッドキャストなど4K以外の注目展示も

【Inter BEE】各社から相次ぐ8K/4K出展 − 映像編総括レポート

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月13日
国内外の放送機器、映像機器、音響機器、照明機器、周辺アプリケーションやソリューションが一堂に会する国際展示会「Inter BEE 2013」が、本日より幕張メッセで開幕した。本稿では4Kや8K、ハイブリッドキャストやモバキャスなど映像関連の展示についてレポートする。

■4Kを飛び越え8Kデモも

別項でレポートしているソニーやパナソニック、キヤノンに代表されるように、今回のInter BEEでは4K関連の展示を行う企業が多数存在。4K、そしてその次に控える8Kが映像業界では着実に広がりを見せていることをうかがわせるイベントとなっている。

アストロデザインでは、8,640×4,320、220インチ(16:9エリア 196インチ相当)の表示エリアに8Kや4K映像を表示する「8K VIDEO WALL」などを展示していた。

8K VIDEO WALLのデモ

また、8K撮影対応のカメラヘッド「AH-4800」も展示。3,300万画素のイメージセンサーをベースにしたカメラヘッドで、駆動回路を約10cm角の筐体に内蔵することで質量2kgという小型化を実現した。

AH-4800

さらに同社では8K/4K対応のデジタル信号発生器「VG-876」なども展示。8K対応のソリューションもすでに取り揃えていることを紹介している。

VG-876

また、8Kに関連しては計測技術研究所が4K映像を8Kに超解像処理をかけてアップコンバートするソリューション提案を展開。同社の4K/60Pレコーダー「UDR-N50A」のSDI出力を超解像ユニット「FE-B1」4台で並列処理し、58インチの4Kモニター4枚をマトリックス上に配置したもので上映するというもので、同社のFE(周波数拡張)超解像の効果を体験できるようになっている。

4Kから8Kへの超解像アップコンバートソリューション提案

■4K展示がますます盛んに

4K関連では、東芝がブースの一角に32型の4K対応液晶モニター「TUM-32PRO1」を展示。同製品は3,840×2,160解像度に対応しており、Adobe RGBカバー率99%を実現。工場出荷時に一台一台液晶パネルの輝度や色ムラを測定し、ムラを補正する回路を搭載することで高均一画面にしているとのことで、そのほか超解像技術も搭載している。

TUM-32PRO1

4K REGZAは東芝以外にも複数のブースでデモに使用されているのが見かけられた。写真はキヤノンブースでのデモのもの

コーデック関連では、NECが4K HEVC VOD配信システムを参考展示。同社の4K HEVCソフトエンコーダーと、ストリーム配信基盤「StreamPro」によって4KをVOD配信できるシステムで、マルチデバイス視聴に合わせて各種エンコードフォーマットで配信可能。「すでに運用できる状態ではあるが、スマートフォン/タブレットは4K対応アプリがなく、我々はアプリを開発する立場でもないため、その部分で“待ち”の状態」(説明員)とのことだった。

デモのようす

システム解説


NEC以外にもHEVCコーデックは様々な出展社がデモ。写真は伊藤忠商事のもの

また、映像制作というソフト側の立場からは、ポスプロ大手のIMAGICAが初出展。キヤノンが4Kディスプレイ「DP-V3010」のデモで使用している映像や、WOWOWによる4Kドラマ「チキンレース」など様々な4K映像の制作に同社が関わっていたことなどを紹介している。

ねぶた祭の4Kドキュメンタリーなどにも関与


そのほかサンディスクも4Kや8K対応を見据えたCfastカードなどを出展

Cfastカードを採用するARRI社のカメラ「AMIRA」


そのほかにもFOR.Aなど様々な企業が4K関連機器の出展を展開

■8K/4K以外にも注目の展示

また、東芝では前述の4K液晶モニターのほかにHybridcast(ハイブリッドキャスト)の検証システムなども展示。ハイブリッドキャストを制作する事業者に向けて、動作検証用のテレビ「REGZA 47Z8」、タブレット、ハイブリッドキャスト用サーバー、コンテンツ検証用のパソコンをパッケージにして提供するというサービスで、それぞれを同一ネットワーク上で接続することによって、ハイブリッドキャストコンテンツの動作チェックが行える。

ハイブリッドキャスト検証システム

DXアンテナでは、現在は対応スマートフォンでしか視聴できないnottvをテレビでも視聴できるようにする外付けチューナーを参考展示。実際に上映デモも行っている。「課金システムをどうするかなど検討事項も残っているためまだ詳細は固まっていない。デモは現在のスマホ向け映像をそのまま拡大しているが、20インチ程度のテレビであればそれなりに鑑賞に堪えられるレベルではないかと思っている」(同社説明員)とのことだった。

nottvチューナー

実際にテレビでの上映デモを披露

そのほかGoProは本日発表した新モデル「HERO3+(関連ニュース)」をさっそく披露。来場者に実機が当たるプレゼント企画も行っていた。

GoProブースのようす

関連リンク

関連記事