板東社長が戦略を説明

ひかりTV、ダウンロード視聴対応などスマホ連携強化 − 2014年2月に4Kトライアルも

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2013年10月21日
(株)NTTぷららは、VODサービス「ひかりTV」の現状と今後の事業展開についての説明会を実施。4K配信のVODトライアルを2014年2月に予定していることなどを明かした。

2013年度下期の主な取り組みは、コンテンツ面で「クリエーター支援を通じたコンテンツ制作スキームの展開」「『NHKワールドTV』の全国ネットによる放送開始」「4K配信のVODトライアル」「ひかりTV初のオリジナルドラマ『24時間女優』の提供」「AKB48グループ ドラフト会議の完全生中継」という5点。

加えて、マルチデバイスでの利用促進という面において「オフラインで利用可能なダウンロード試聴の提供」「家庭内LANでのテレビサービスのマルチデバイス展開」「クラウドゲーム『ひかりTVゲーム』のモバイル端末への対応」「NHKオンデマンドのマルチデバイス対応」「新たなECの取り組み『かたろぐマーケット(仮称)』の提供」の5点にも取り組む。

サービス開発スケジュール。詳細は明かされなかったが音楽配信に新レコメンド機能を追加する予定があることも明らかに

2013年度下期の取り組み

■来年2月に4Kトライアル − 4K対応チューナーを試作中

4K配信については、前述のように2014年2月にVODトライアルを実施する予定。現在トライアルで仕様するチューナー(STB)の開発に着手しているという。また、2014年7月頃には4K-IP放送(IPマルチキャスト)のトライアルも行う。

4K対応チューナー試作機

発表会場では2K、4K/30p、4K/60pの比較上映デモを実施

4Kトライアルでは、4月に開催した事業説明会で発表した「下町ボブスレー」の配信を予定。H.265/60pで圧縮したコンテンツを30Mbps程度での配信を想定しており、既存のIPTVフォーラム仕様のVOD配信プロトコルを拡張して、フレッツ光ネクスト上での4K-VOD配信などを行うという。

4Kトライアルの具体的方法は?/ダウンロード視聴などスマホ/タブレット連携強化も

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連リンク

関連記事