GfK発表

4K台頭や大画面化でテレビ売上が回復、2年ぶりプラス成長

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月11日
ジーエフケーマーケティングサービス ジャパンは、家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表。大画面化、4Kテレビの台頭等により薄型テレビの金額前年比は急速に回復したという。

主に2013年8月の数値をまとめた調査結果。8月の薄型テレビの販売金額は前年比2.6%減にまで回復。9月第1週(9月2日〜9月8日)の金額前年比は3.6%増とプラスに転じた。

8月をみると金額前年比は2.6%減と、年初の31.5%減から急速に回復。また数量前年比も18.8%減と、年初の37.9%減から緩やかに上昇した。GfKによると「エコポイント制度・アナログ停波による特需後、縮小が続いていた薄型テレビの販売は回復に向かいつつある」。

金額ベースでの大幅回復の背景には、中小型画面TVの価格の下げ止まりと大画面テレビの拡大による平均価格の上昇がある。2013年8月の動向をみると、薄型テレビの平均価格は前年同期から約10,700円(約20%)上昇し、64,000円となった。

画面サイズ別数量構成比は、26インチ以下が前年同月の37.2%から28.9%に縮小する一方、50インチ以上は4.6%から10.5%へ拡大。金額構成比では、50インチ以上は18.2%から30.5%へ大幅に拡大した。

この背景にあるのが、新製品が相次いで投入された4Kテレビ。4Kテレビは平均価格がフルHDテレビ(50インチ以上)に比べ3倍以上高いが、販売を伸ばしており、50インチ以上に占める構成比は8月では数量ベースで6.7%、金額ベースで18.5%となった。

大画面化、4Kテレビの好調に伴い、薄型テレビの販売金額は週次ベースではプラス成長を記録した。9月第1週(9月2日〜9月8日)の金額前年比は3.6%増。前年の販売金額を上回ったのはアナログ放送が停波した2011年7月第3週(7月18日〜7月24日)(被災3県を除く)以来、約2年1か月振り。

関連リンク

関連記事