無線通信はデュアルバンド方式

ソニー、9.1ch再生対応ワイヤレスヘッドホン「MDR-HW700DS」

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月05日
ソニーは、9.1chバーチャルサラウンド再生が行えるワイヤレスヘッドホンシステム「MDR-HW700DS」を10月25日に発売する。価格はオープンだが、42,000円前後での実売が予想される。

「MDR-HW700DS」のヘッドホン部(左)とトランスミッター部(右)

ヘッドホン本体とレシーバー部の2ユニットで構成されるワイヤレス・サラウンドヘッドホン。ワイヤレス通信は、2.4GHz帯と5GHz帯を両方使用するデュアルバンド方式を新採用。2.4GHz使用中に他機器からの電波干渉が起こった場合、電波干渉の少ない5GHz帯の空きチャンネルに自動で移動する「リアルタイムチャンネルセレクション」機能を搭載している。また、手動での帯域変更も可能だ。

従来機「MDR-DS7500」(関連ニュース)から搭載された高さ方向の音場を実現する独自のバーチャルサラウンド「3D VPT」は、本機では7.1chから9.1chへと進化を遂げた。従来機ではサラウンドバック2chをフロントハイトへ移動しての7.1ch再生であったが、MDR-HW700DSではサラウンドバックはそのままに、フロントハイトを追加しての9.1ch再生が可能となった。

レシーバー部には新DSPを2セット使用する。従来のDolby Prologic IIzに加え、本機からは「DTS Neo:X」にも対応。通常の2ch/5.1ch/7.1chの各入力信号を9.1chに拡張してのバーチャルサラウンド再生が行える。

レシーバー部にはHDMI入力3/出力1を装備する。HDMI機器連携機能として、新たに4K映像のパススルーにも対応。OSDによるメニュー設定と状態表示も追加された。音声フォーマットについては、ドルビーTrueHDやDTS DTS-HD Master Audio、リニアPCM 7.1chなどのHDオーディオのデコードに対応。192kHz/24bitの非圧縮音源の再生も可能だ。

その他、SPE協力のもとに“理想的な映画館の音場”を再現したという新シネマモードや、ゲーム、ボイスなど合計3種類のエフェクトも用意している。ブラビアリンクにも対応する。

ヘッドホンは密閉型で50mmドライバーユニットを搭載。ヘッドホン質量は約320gとなる。ヘッドホンの充電はUSB方式で、試聴しながらの「ながら充電」もできる。

なお、増設用としてヘッドホン単体の「MDR-HW700」も同時発売する。価格はオープンだが、21,000円前後での実売が予想される。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホンシステム
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-HW700DS
  • 発売日2013年10月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格42,000円前後)
【SPEC】●質量:ヘッドホン…約320g
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-HW700
  • 発売日2013年10月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格21,000円前後)
【SPEC】●質量:約320g

関連記事