XB900とXB600をベースに仕様変更

ソニー、ヘッドホン“EXTRA BASS”にアルミ素材デザインの「XB920/XB610」

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月03日
ソニーは、低音を重視したヘッドホン“EXTRA BASSシリーズ”の新モデルとして、ファッション性を意識したデザインの「MDR-XB920」と「MDR-XB610」を4月21日より発売する。

・MDR-XB920 ¥24,675(税込)
・MDR-XB610 ¥12,390(税込)

MDR-XB920

MDR-XB610

それぞれ「MDR-XB900」と「MDR-XB600」(関連ニュース)をベースに、ハウジングにアルミ素材を採用するなどでデザインを変更したモデル。ドライバー口径など基本的なスペックは従来から引き継いでいる。

MDR-XB920を装着したところ

50mmドライバー搭載の「MDR-XB920」は、ハウジングにアルミ、ハウジング中央にはアルミヘアラインスピン、スライダー部にアルミプレートを採用。ケーブルも新たに着脱可能になり、着脱部にもアルミ素材の装飾を施されている。

スイーベルと折りたたみに対応

アルミ素材を採用しデザインを変更

また、通常のオーディオコードに加え、スマートフォンマイク/リモコン付きコードも付属。コード接続時はジャックに差し込んで回転させることでロックする機構を採用した。

ケーブルは着脱式で、ひねることでロックがかかる

そのほかスライダーキャップも、XB900では蒸着だったところをダイヤカットアルミに変更。カラーはレッドとブラックの2色で展開する。

ケーブルも2色

40mmドライバー搭載の「MDR-XB610」は、ハウジング中央をアルミヘアラインスピンに変更。XB600では打ちっぱなしだったスライダー部に塗装を施し、ハウジングとハンガーへの塗装も追加した。また、ブッシングにも装飾を施している。本機はオレンジとホワイトの2色で展開する。

オレンジとホワイトの2色で展開

ヘッドバンド部


イヤーパッド

ケーブルは両出しの固定式

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-XB920
  • 発売日2013年4月21日
  • 価格¥24,675(税込)
●形式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー径:50mm
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-XB610
  • 発売日2013年4月21日
  • 価格¥12,390(税込)
●形式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー径:40mm

関連記事