シンプル機能で安価なモデルも

ソニー、カセットテープをSDカードにダビングできるCDラジカセ

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月04日
ソニーは、カセットテープの音源をSDカードにダビングできるCDラジカセ「CFD-RS500」と、SDカードスロットとダビング機能をもたないシンプルモデル「CFD-S50」を10月5日より発売する。価格はともにオープンだが「CFD-RS500」が2万円前後、「CFD-S50」が7,000円前後での実売が予想される。

CFD-RS500

CFD-S50

■カセット/SDカード間で相互ダビング可能な「CFD-RS500」

CDドライブ、SDメモリーカード/メモリースティックスロット、FM/AMラジオチューナー、カセットテープデッキを搭載。音楽CDとカセットテープに加え、CD-Rに保存されたMP3/WMA、SDカード内のMP3/WMA/AACファイルにも対応している。本体色はシルバーのみで展開する。

カセットデッキ

カセットテープに録音してあるデータを倍速ダビングでデジタル化してSDカード/メモリースティックに保存できる点が大きな特徴。録音形式は128kbpsのMP3。60分テープであれば約33本分を2GBのSDカードに収録できる。なお、テープからのダビングは複数の楽曲が入っている場合でも自動トラッキングなどは行われず、全体で1つのファイルとして保存される。

カセットテープとSDカードをセットして「録音」ボタンを押すとダビングが開始される

CDやラジオもSDカードに直接録音可能。また、SDカード内のデータをカセットテープにダビングすることもできる。ラジオ録音はエリアコール機能や最大10件までの予約録音、自動時刻補正機能を搭載している。

操作ボタン類

そのほか、市販品のマイクを接続することも可能。CDやテープで音楽を再生しながらマイクで歌うカラオケのような使い方ができ、そのカラオケの歌声をSDカードやテープにそのまま録音することもできる。もちろん音楽を再生せずにマイクだけを使うこともできるため、例えば何かの集会での拡声器代わりに使うなどといった利用法が可能。

スピーカーの出力は1.7W+1.7W。低音増強システム「MEGA BASS」も搭載している。外形寸法は約366W×146H×238Dmmで、質量が約3.0kg。

■シンプルモデル「CFD-S50」は乾電池駆動にも対応

前述の「RS500」と異なりSDカードスロットを持たず、CD/ラジオ/カセットテープの再生に機能を絞ったシンプルなCDラジカセ。ホワイト/ピンク/ブラックの3色をラインナップし、出力は1.7W+1.7W。

操作ボタン類

本機はAC電源に加えて乾電池駆動にも対応。単2乾電池6本を使用し、電池再生時はCD再生で約8時間、FMラジオ再生で約19時間、テープ再生で約13時間使用できる。

前述のようにシンプルな構成して価格を抑えた点が特徴で、CDやラジオの録音機能、低音増強システム「MEGA BASS」などは非搭載。ただしマイク端子に市販のマイクを接続して歌ったり話した音声をカセットテープに録音することはできる。

外形寸法は約320W×139H×219Dmmで、質量が約2.0kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルラジカセ/ラジMD
  • ブランドSONY
  • 型番CFD-RS500
  • 発売日2013年10月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
【SPEC】●消費電力:約13W ●外形寸法:約366W×146H×238Dmm ●質量:約3.0kg
  • ジャンルラジカセ/ラジMD
  • ブランドSONY
  • 型番CFD-S50
  • 発売日2013年10月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格7,000円前後)
【SPEC】●消費電力:12W ●外形寸法:約320W×139H×219Dmm ●質量:約2kg

関連記事