「パインウッドスタジオ」内に

ソニー、英国に4K映像制作の支援施設「DMPC(E)」を開設

ファイル・ウェブ編集部
2013年08月21日
ソニーは、英国の「パインウッドスタジオ」内に、4K映像制作の支援施設「デジタルモーションピクチャーセンター・ヨーロッパ」(DMPC(E))を9月に開設する。

DMPC(E)は、映画監督や撮影監督、機器レンタル会社などのポスプロ関連スタッフ、機器オペレーターなど、映画/テレビ政策関係者を対象にした施設。様々なプログラムやディスカッションの場を提供し、コンテンツ完成までのワークフローについて、ソニーの4K機器を使ったトレーニングを提供する。

具合的には、4K対応のカメラではCineAltaカメラF65や、F55、F5を使用して撮影が可能。その後、編集や業務用4Kモニターを使った映像確認までのワークフローを体験できる。

ソニーは昨年、ハリウッドにDMPCを開設。約700名の映像制作関係者がプログラムを受講し、受講者による撮影やワークフローに関する情報交換が行われているという。ほかにインド・ムンバイ、中国・北京にも映像制作支援施設を保有している。

関連記事