銀座ソニービルで7月19日より開催

ソニー、4K映像とハイレゾ音源で“美ら海”を体験できる夏休みイベント

ファイル・ウェブ編集部
2013年07月04日
ソニーは、200インチスクリーンでの4K映像と96kHz/24bitのハイレゾ音源で沖縄の“美ら海”を体感できるイベント「46th Sony Aquarium」を銀座ソニービルで開催する。会期は7月19日(金)から9月1日(日)まで。

昨年のイベントの様子

毎年夏休みの時期に開催されている恒例のイベントで、沖縄美ら海水族館の監修のもとソニービルに沖縄を再現。大型水槽で本物の魚たちが泳ぐ姿を楽しめるほか、8階コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、ソニーのCineAlta(シネアルタ)4Kカメラ「F65」とレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α99”を使って撮影した、自然豊かな沖縄「美ら島」「美ら海」を4K映像で上映する。

なお、OPUSでの上映におけるサウンドシステムには、同社スピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」4台とAVアンプ「TA-DA5800ES」を使用。撮影時の風の音や鳥の声などの自然の音と、作曲家/ピアニストの中島ノブユキ氏によるオリジナル楽曲を96kHz/24bitで収録している。

ソニービル1階および2階のソニーショールームなどそのほかのスペースでも特別展示を実施。4K対応液晶テレビ“BRAVIA”など同社製品を通して沖縄の自然を疑似体験できるようにする。

また、来場者に向けたプレゼント企画も用意。自身がソニービルで撮影したお気に入りの写真を、Twitterでハッシュタグ「#46sa」を付けて投稿した来場者の中から、入賞者には「JTA 東京⇔石垣直行便 ペア往復航空券1名様」などの賞品をプレゼントする。

【問い合わせ先】
ソニービル
TEL/03-3573-2371

関連リンク

関連記事