SDカード4枚にAVCで記録

JVC、Fマウント採用のレンズ交換式4Kビデオカメラ「JY-HMQ30」

ファイル・ウェブ編集部
2013年06月13日
(株)JVCケンウッドは、JVCブランドの新製品として、ニコンFマウントを採用した4K対応ビデオカメラ「JY-HMQ30」を本日から受注開始した。ビクターダイレクト限定商品となる。価格は170万円(税込)。

JY-HMQ30

レンズとマイクを装着したイメージ

ニコンFマウントを採用。Fマウントレンズを使った、マニュアルフォーカルやマニュアル絞りによる撮影に対応した。絞りリングを備えないレンズの場合も、本体搭載の絞りリングでマニュアル撮影が可能だ。

センサーは1.25型で、有効画素数は829万画素。4K映像の撮影に対応し、その場合は映像を4分割し、4枚のSDHC/SDXCメモリーカードに記録する。4K映像は60p/50p/24pのフレームレートに対応している。32GBのカードを4枚使った場合は約2時間、64GB×4枚の場合は約4時間の撮影ができる。なお映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264を使用し、ビットレートはVBRで最大144Mbps。

なお4K映像を4つに分割して記録する際は、独自の「エッジブレンド処理機能」により、映像の境目をオーバーラップして記録。これにより動きの速いシーンや暗いシーンで発生しやすい境目を軽減する。

また4K映像のタイムラプス撮影機能も搭載。1秒/5秒/40秒間隔で1コマずつ撮影し、長い時間をかけてゆっくり変化するシーンを手軽に撮影できる。

4K/60p映像の出力は、HDMI(Ver1.3)4端子を利用して出力可能。撮影した映像の出力だけでなくライブ出力も行える。また4K映像をダウンコンバートし、HDMI 1端子から出力することもできる。さらに、4K映像をタッチパネルに表示し、タッチした箇所を1/4の画角で切り出し、フルHD映像として出力する「フルHDトリミング機能」も備える。

SDHC/SDXCカードに4枚に記録された4つのMP4ファイルを1つの4Kファイルに統合する変換ソフト「JVC 4K クリップマネージャー」も用意。Macの場合は、Apple「Final Cut Pro」に対応したマネージャーを同梱し、1つのProRes422 ファイル(MOV ファイル)に変換する。またWindows環境の場合、EDIUSによる編集ワークフローをサポート。AVCHD converterと組み合わせることで、SD カードに記録された 4 つの MP4 ファイルを1つのHQXコーデックファイル(AVI ファイル)に変換できる。

液晶ディスプレイは3.5型で、92万画素。26万画素の0.24型LCOSビューファインダーも備える。外形寸法は139W×198H×287Dmm、質量は約1.9kgと小型・軽量な点も特徴だ。

【問い合わせ先】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL/0120-2727-87
新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドJVC
  • 型番JY-HMQ30
  • 発売日2013年6月13日
  • 価格¥1,700,000(税込)
【SPEC】●レンズマウント:ニコンFマウント ●センサー:1.25型、有効画素数829万画素 ●液晶ディスプレイ:3.5型、92万画素 ●ビューファインダー:26万画素、0.24型LCOSビューファインダー ●映像出力:ミニHDMI×4 ●外形寸法:139W×198H×287Dmm ●質量:約1.9kg

関連記事