各社から4Kや3D製品

「ファインテック ジャパン」開幕 − 特別企画「4Kディスプレイコーナー」を展開

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2013年04月10日
フラットパネルディスプレイに関する総合展示会「ファインテック ジャパン」が本日より東京ビッグサイトで開幕した。会期は12日まで。4K2Kや3Dに関連する展示の模様をレポートする。


■東芝は“4K REGZA”65型を国内初披露

今回のファインテックでは、特別企画として「4Kディスプレイコーナー」を展開。東芝、LG、EIZO、アストロデザイン、オルタステクノロジーといった4Kディスプレイを取り扱う各社のブースが一角に集められている。

東芝は、“4K REGZA”の65型モデルを日本国内で初披露。84型モデルとともに展示し、ネイティブ4Kコンテンツを84型で、BDソフトのアップスケーリング映像を65型で上映している。「量産に近いモデルで、CESでの参考展示時に比べ、かなり完成度は上がっている」モデルという。

“4K REGZA”84型モデルと65型モデルをデモ

日本初披露となった65型モデル

なお、別項のインタビュー(関連記事)で紹介している通り、REGZAの商品企画を行っている同社の本村裕史氏により新たな事実も明らかに。新エンジン「REGZA ENGINE CEVO 4K」により、部分適合型超解像、放送波へのノイズリダクション処理という2点へ新たに対応した。それぞれの詳細についてはインタビュー記事を参照いただきたい。

本機のリモコン

ブース前には人だかり

■LGから84V型4Kディスプレイ

LGエレクトロニクスジャパンでは、4K(3,840×2,160)対応の84V型ワイドスクリーンディスプレイ「84WS70」と、同機に4K映像を上映するための4K対応プレーヤー「MP700」を展示。

MP700

84WS70

デジタルサイネージでの用途を想定したもので、「84WS70」はIPS液晶を搭載。上下・左右とも178度という広視野角に加え、直射日光の熱などによるパネルの黒化現象(ブラックニング)にも強い点が特徴。デジタルサイネージ用途に適した特徴を有していることをアピールしていた。

84WS70の解説。サイネージ用途を想定しているため縦位置でも使用可能

世界最小4Kモニター − 変わり種3D展示も

前のページ 1 2 次のページ

関連記事