スマホとホームAVの連携強化を宣言

ドコモ、「SmartTV dstick」発表 − スマホ向け「dマーケット」がテレビで楽しめるアダプタ

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月22日
NTTドコモは13年春から発売するスマートフォン/タブレット新製品の発表会を開催(関連ニュース)。スマートフォンとホームAV機器の連携提案強化を宣言するとともに、テレビ向けストリーミングアダプタ「SmartTV dstick」などを発表した。

本日都内で開催された記者発表会には(株)NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏が登壇し、1月下旬から販売がスタートする2013年春モデルのスマートフォン・タブレット、ならびにモバイル&ホーム向けの新しいコンテンツサービスを紹介した。

NTTドコモではスマートフォンとオーディオビジュアルを中心としたホーム用ネットワーク対応機器との連携提案をさらに強化していくため、「ドコモ スマートホーム」のコンセプトのもと、ホームネットワークをベースにスマートフォンのコンテンツを家庭で楽しむためのサービス、ならびに録画機などに保存したコンテンツをスマートフォンで楽しむためのサービスを充実させていく。


「ドコモ スマートホーム」を発表。スマホとAVの連携サービスなどを充実させていく
その取り組みの第一弾として、ドコモがスマートフォン向けに展開する「dマーケット」を楽しむための2つの新製品「SmartTV dstick」と「dtab」が発表された。


第一弾の戦略として発表された「dtab」と「SmartTV dstick」
本項では「SmartTV dstick」の詳細をお伝えする。

「SmartTV dstick」は、本体をテレビのHDMI端子に接続し、WiFiネットワークにつないでドコモのスマートフォン向け「dマーケット」の映画やアニメ、音楽コンテンツをテレビで楽しむためのストリーミングアダプタ。


「SmartTV dstick」は少し大きめのUSBスティックメモリーほどのサイズ

「dマーケット」のサービスの一部などが楽しめる
発売はドコモオンラインショップで3月以降に開始され、価格は8,925円(税込)を予定している。本機で「dマーケット」のコンテンツを楽しむために追加の回線契約は不要だが、ドコモのspモードを契約している回線のdocomo IDが必要になる。

dstickの本体

なお本製品の魅力をプロモーションするため、ドコモでは抽選で合計7万人に製品を無料で提供するキャンペーンも実施する。


dstickコンテンツのメインメニュー
「dstick」本体にはテレビに接続するためのHDMI端子と、本体に給電を行うためのUSB端子が備わる。電源はテレビのUSB端子から給電できるが、別売のACアダプターを購入すればアダプター経由でも給電が可能。

バッテリーはUSB経由で供給する

家庭のネットワークにはWiFiで接続するため、固定用ブロードバンド回線のWiFi環境が必要。なおコンテンツの視聴を快適に楽しむため、ドコモでは平均2Mbps程度の通信環境を推奨している。

コンテンツの再生など、本機の操作はスマートフォン向けアプリ「dstickリモコン」で行う。2011年冬春モデル以降のAndroid 2.3以上を搭載するドコモのスマートフォンで利用でき、順次タブレットにも拡大を予定している。アプリはGoogle Playストアから無料でダウンロードが可能だ。


「dstickリモコン」アプリのアイコン(一覧右上)
なお「dstickリモコン」からは「dビデオ」などコンテンツの再生コントロールやボリューム操作、テレビの電源ON/OFF操作などが行える。「dマーケット」などネットワークコンテンツのストリーミング再生は「dstick」本体で行うため、コンテンツの再生中はスマートフォン側でリモコンアプリを終了して、他のメールやWebブラウジングなどの操作が行える。

接続しているテレビの電源操作も可能

本機をテレビとネットワークにつなぐことで、スマホ向け「dマーケット」のコンテンツから、国内外の映画やドラマ、アニメ、音楽、カラオケ、BeeTVなど約7,000タイトル、57,000コンテンツを揃える「dビデオ」や、人気アニメ作品を約200タイトル、4,000話以上提供する「dアニメストア」、全50番組の音楽配信チャンネル「dヒッツ」が楽しめる。


「dビデオ」や「dアニメストア」「dヒッツ」に対応
なお、ドコモでは「dマーケット」の各ストアのサービスを、よりドコモのサービスとしてわかりやすく伝えるため、1月30日に一部ストアの名称の頭文字に“d”を付け、ロゴも変更する。これにより「VIDEOストア」は「dビデオ」に、「アニメストア」は「dアニメストア」、「MUSICストア セレクション」は「dヒッツ」、「MUSICストア」は「dミュージック」、「BOOKストア」は「dブック」などにそれぞれ変更される。

「dstick」で楽しめる「dマーケット」のコンテンツは、発売当初は「dビデオ」「dアニメストア」「dヒッツ」の3つになるが、同社では近く「dミュージック」や「dブック」などにも対象サービスを拡大していくことを検討しているという(NTTドコモ 展示スタッフ談)。

「dstick」はまた、DLNAのDMP(デジタルメディアプレーヤー)、DMR(デジタルメディアレンダラー)機能も内蔵しており、ホームネットワーク上にあるPCやスマートフォフォンに保存した動画や音楽のネットワーク再生も行える。DTCP-IPはサポートしていない。ネットワーク上のコンテンツ再生操作も「dstickリモコン」アプリから行う。

ほかにもYouTube動画の再生も楽しめる。YouTube動画の再生は専用ブラウザーから行うかたちとなり、本機で通常のWebブラウジングは行えない。

「SmartPlay by Twonky」のメニュー

YouTube動画も再生可能


リモコンアプリからYouTubeの動画検索が行える
NTTドコモでは「ドコモ スマートホーム」のサービスを快適に楽しむためのWiFi環境をより多くのユーザーに提供するため、無線LANルーターのレンタル提供を3月1日から開始する予定だ。

製品はドコモ指定のパケット定額サービス、またはデータ通信専用プランの契約ユーザーであれば無料で利用でき、それ以外のユーザーには月額315円で提供する。ホワイト/ブラック/レッド/ブルーの4色バリエーションが用意される。レンタル期間は2年間で、途中解約も可能。ドコモショップ、または専用Webサイト、電話で申し込みを受け付ける。

無線LANルーターのレンタルも行う

無線LANルーターは全4色

同社社長の加藤氏は「ドコモ スマートホーム」の取り組みについて、「当社ではスマートフォンの先にある新しい世界を広げていくことを目指している。新生活をスタートさせる方々の多い季節がやってくるが、ぜひ当社をパートナーとして選んで欲しい。今後も新しいサービスをどんどん提案していきたい」と宣言した。

関連記事