1契約で携帯版と両方視聴可能

BeeTV、PC視聴に対応 − スマホ版ではダウンロード可能に

ファイル・ウェブ編集部
2012年12月17日
エイベックスは、NTTドコモの携帯電話端末向けVODサービス「BeeTV」をWindowsパソコンからも視聴可能にした。あわせて、スマホ版では新たにダウンロード視聴にも対応した。

BeeTVは、2009年5月に開局した携帯電話専用放送局。「悪の教典-序章-」や沢尻エリカ主演「L et M」などといったオリジナルを始めとする7ジャンル50番組以上が月額315円で全て見放題になるというサービス。

PC版の推奨OSはWindows 7/Vista/XP(SP3)。Windows8およびMac OSについては現在検証中だという。月額315円(税込)で、携帯電話/スマホ版とパソコン版の両方を視聴できる。また、クレジット決済にも対応したため、ドコモユーザー以外でもサービスを利用できるようになった。

なお、携帯電話/スマホで視聴していた続きをPCで観るなどといった使い方には対応していない。ただしスマホ版のユーザーがドコモIDでログインした場合、視聴履歴が引き継がれる。そのほか、一部コンテンツは携帯電話/スマホ版での提供であったり、スマホ版ユーザーのみ対象のプレゼント企画があったりなどの違いがある。

画質は携帯電話/スマホ版と同様に「ふつう(300kbps)」「きれい(500kbps)」「すごくきれい(1500kbps)」の3種類を用意している。

また、スマートフォン版では前述のようにダウンロード視聴に対応。これにより例えばネット回線がない場所でもコンテンツを視聴できるようになった。ダウンロードしたコンテンツの視聴可能時間は、初回再生時から3時間。

関連記事