“春のイチオシモデル”「Xperia Z」など

【詳報】ドコモ、スマホ2013年モデル発表 − 堀北真希さんらも登場

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2013年01月22日
速報でお伝えしている通り、ドコモは2013年春モデルのスマートフォンとタブレットを発表。本項では各端末の詳細、および堀北真希さんと渡辺謙さんも駆け付けた発表会の模様を紹介する。



<docomo NEXT series>

■“春のイチオシモデル”「Xperia Z」(加藤社長)

側面の様子

Xperia Z SO-02E

「Xperia Z SO-02E」は、5インチ/443dpiのフルHDディスプレイを搭載。ROMが16GBで、RAMが2GB、バッテリー容量が2330mAh。CPUは1.5GHz/クアッドコアのAPQ8064を搭載している。CESで発表されたモデル(関連ニュース)のドコモからの発売が正式に発表された格好だ。

防水(IPX5、7)/防塵(IP5X)機能のほか、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグなどのフィーチャーフォン機能も装備。テザリング同時接続台数は最大10台で、Xi対応速度は100Mbps/37.5Mbps。ブラック/ホワイト/パープルの3色を用意している。

液晶ディスプレイには“Reality Display"を搭載し、外光による反射が少ないオプティコントラストパネルを採用。また、指が接触する部分と表示部分との距離を短くし、より正確なタッチ操作を実現する技術「Direct touch」も搭載している。画像処理エンジンは「モバイルブラビアエンジン2」で、カメラ部は独自のCMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載し、画素数は約1,310万。

NFCに対応し、Xperia Tablet Zとの間では本体同士をかざすだけでワンタッチでの画像転送なども行える。発表会で登壇した同社代表取締役社長の加藤 薫 氏は、このワンタッチ転送のデモなどを披露しながら「春モデルのイチオシモデルだ」とコメントした。

2画面スマホ「MEDIAS W」とVIERAの高画質技術を投入した「ELUGA X」

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連リンク

関連記事