従来モデルの特長を継承し機能強化

izo、192/24対応USB-DAC/DDC&プリアンプ搭載ヘッドホンアンプ

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月09日
(株)アイジオは、192kHz/24bitソースに対応し、USB-DAC/DDCやプリアンプ機能を搭載した“オールインワンヘッドホンアンプ”「iHA-21EX」を発売開始した。価格は79,800円(税込)。


iHA-21EX

背面インターフェース
本体サイズは147W×43H×180Dmmで、質量は1kg。192kHz/24bit対応USB-DACを搭載する点や、電源ON/OFF時に発生するノイズを低減する「ZERO POP II」などの機能など、従来モデル「iHA-21(関連ニュース)」の特徴を継承。アシンクロナス転送にも対応する。

同時にUSB-DDC機能のほか、全アナログRCA出力のボリューム制御が行える高性能プリアンプ機能などの新機能を搭載した。

入力端子はアナログRCA×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1、USBを装備。出力端子は、6.3mmヘッドホンジャック×1、RCA×1を備えている。本体にはアナログ出力切替スイッチを搭載しており、ヘッドホン/パススルー出力とプリアンプ出力を切り替えて使用することができる。

音色フィルター部、電源部にはオーディオ用の高品質コンデンサー、DAC部には多量のOS-CONなど、クラス以上の高品質パーツを多く採用し、独自のサウンドチューニングを行っている。SN比は118dB以上で、ダイナミックレンジは123dB。周波数特性は10Hz〜20kHz。インピーダンスは49kΩ。

TI社のDACチップ「PCM1795」や、ジッターを軽減する+/- 1.0ppm精度の高品質TCXO(温度補償型水晶発振器)を採用。OPAMPにはナショナルセミコンダクター社製の最新高品質OPAMP「LME49990」を2基搭載し、iHA-21と比較してさらなる高音質化を図っている。

また、ALPS社製の高品質ボリューム「RK27112」を採用しており、ギャングエラーやノイズとは無縁のスムーズな音声出力が可能としている。

USB部には、44.1kHzとその倍数用、48kHzとその倍数用のクロックジェネレーターをそれぞれ別途搭載したことにより、最適化された高精度なクロック生成を実現する。they-logo.gifまたWindows OSのオーディオドライバーであるWDM、DirectXのほか、ASIOドライバーもサポートする。

【問い合わせ先】
(株)izo
TEL/03-3208-0701

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドIZO
  • 型番iHA-21EX
  • 発売日2012年2月9日
  • 価格¥79,800(税込)
【SPEC】 ●入力端子:アナログRCA×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB ●出力端子:6.3mmヘッドホンジャック×1、RCA×1 ●SN比:118dB以上 ●ダイナミックレンジ:123dB ●周波数特性:10Hz〜20kHz ●インピーダンス:49kΩ ●外形寸法:147W×43H×180Dmm ●質量:1kg

関連記事