ハイ・ローゲイン切り替えスイッチを新たに搭載

ミックスウェーブ、ALO Audioの真空管ポタアン「The Continental V2」

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月22日
ミックスウェーブ(株)は、米ALO Audioのポータブル真空管アンプ新モデル「The Continental V2」を3月1日より発売する。ブラックとシルバーの2色を用意し、価格はオープンだが68,000円前後での実売が予想される。

The Continental V2(ブラック)

The Continental V2(シルバー)

前モデル「The Continental」には無かった、ハイ・ローゲイン切り替えスイッチを新たに搭載。ハイインピーダンスモデルから、ローインピーダンスモデルまで、幅広くイヤホン/ヘッドホンを駆動できるようにした。

バッテリーも強化し、前モデルより1時間以上延長となる約7〜8時間というバッテリー再生時間を実現。マットな質感を持った筐体仕上げに変更し、指紋が目立ちにくい仕上がりにもしている。

真空管にはRAYTHEON社 6111 NOS 真空管を採用。S/N比が100dBで、全高調波歪率は1%、ステレオクロストークが85dB @1KHz、入力インピーダンスが30kΩ。外形寸法は72Wx27Hx120Dmm。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドALO audio
  • 型番The Continental V2
  • 発売日2012年3月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格68,000円前後)
【SPEC】●周波数特性:40〜20kHz ±1dB ●S/N比:100dB ●入力インピーダンス:30kΩ ●外形寸法:72Wx 27Hx 120Dmm

関連記事