192/24 FLAC再生にも対応

バッファロー、スマホ/タブレット再生やHDD増設対応のネットワークメディアプレーヤー

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月25日
バッファローは、ネットワークメディアプレーヤー“Link Theater”新モデル「LT-V200」を2月下旬から発売する。価格は14,280円(税込)。

LT-V200

背面端子部の様子

LAN経由で、PCやNAS内のファイルを再生できるほか、WebAccessを使えば、同社のNAS「LinkStation」にインターネット経由でアクセスし、ファイルを再生することが可能。

またUSB入力端子2系統やSDHCカードスロットも備え、USBメモリーやUSB-HDD、またUSBマスストレージクラス対応のカメラ、SDカード内のコンテンツなどを再生することもできる。「WebAccess」アプリをインストールしたスマホやタブレットを使って、USB端子やSDカードスロットに接続した機器のコンテンツを、ネットワーク経由で再生することも可能だ。


同梱のリモコン
さらに本体には別売りの3.5インチHDDを内蔵可能なSerial ATA端子も装備。コンテンツを保存するだけでなく、本機をネットワーク共有によってNASとしても使用できる。この場合もWebAccess機能が利用でき、外出先からインターネット経由で、スマホやタブレットで再生することが可能だ。

映像出力ではフルHD再生が可能で、HDMI端子とコンポーネント端子を装備。再生できる動画フォーマットはMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4 SP/ASP、MPEG-4 AVC/H.264WMV9/VC-1、DivX、Xvid、MJPEG、RealVideo、FLV(H.263)。MKV形式の動画も再生可能で、対応フォーマットはMPEG-4 AVC/H,264とDivX。

なお、MPEG-4 AVC/H,264など主要なフォーマットで1,920×1,080ドットの映像再生に対応している。

音声では、192kHz/24ビットのハイレゾオーディオファイルの再生が可能。HDMI端子から出力できる。そのほかAAC、MPEG-1 Layer1/2/3、WMA、WAV、OGG Vorbis、RA、LPCM、AC3、DTSの再生が可能だ。

ネットワーク機能では、Webkitを採用したウェブブラウザ機能を装備。テレビ版Yahoo!JAPANにも正式対応している。ブラウザはUSBマウスで操作することもできる。

またYouTube XLの視聴や、FlickrやPicasaの写真閲覧機能、Bittorrentダウンロード機能なども備えている。

本体の外形寸法は207W×144H×53Dmm、質量は約700g。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドBUFFALO
  • 型番LT-V200
  • 発売日2012年2月下旬
  • 価格¥14,280(税込)

関連記事