アナログ/デジタル電源分離。Hi-bit32にも対応

パイオニア、同社初のネットワークオーディオプレーヤー「N-50」「N-30」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月03日
パイオニア(株)は、同社初のネットワークオーディオプレーヤー「N-50」「N-30」を10月下旬より発売する。価格はN-50が74,800円(税込)、N-30が49,800円(税込)。

N-50

N-30



N-50/N-30は共通デザインを採用しているが、インジケーター部のみ異なる。こちらはN-50。「Pure Audio」モードのインジケーターがある

こちらはN-30

「N-50」はUSB-DAC機能、アシンクロナス転送や「Hi-bit32/Hi-Sampling Audio Processing」機能を搭載したネットワークオーディオプレーヤー。DLNA 1.5やAirPlay、インターネットラジオ聴取にも対応する。前面のUSB入力端子でiPod/iPhoneと接続し、デジタル接続が可能。再生可能フォーマットはリニアPCM/WAV(192kHz/24bit)、FLAC(192kHz/24bit)WMA、AAC、MP3。

N-50/N-30の特徴

Bluetoothアダプター端子を備え、別売の「AS-BT200」を接続すればスマートフォンなどBluetooth対応機器の音楽を聴くことができるほか、最大4台までのiPod touch/iPhone/iPadをワイヤレス接続し、お互いの楽曲情報を共有したり聴いたりできる「AirJam」機能などを楽しむことができる。

また別売の無線LANアダプター「AS-WL300」を使えば、著作権保護のかかっていないMP3、MPEG-4 AAC、WMA、WAV、FLACなどのワイヤレス再生が可能だ。なおWAVとFLACは使用環境によっては192kHz/24bitまでのファイル再生ができない場合があるようだ。

N-50/N-30の再生可能フォーマット

ツインEIトランス採用の電源トランスをはじめ、アナログ/デジタル電源を分離する構造を採用。デジタル回路とアナログ出力回路も別基板で分離することで、相互干渉を防ぎ音質劣化を低減しているという。

アナログ/デジタル電源を完全に分離

線材にもこだわっている

また、線材を極力短くすることや基板パターン化することにより、線材のスタイリングによる音質のばらつきを抑え、音質劣化を防いでいるという。

さらに、ジッター低減回路を搭載。ハイアキュラシーPLL回路とジッターリダクションICにより、入力信号のジッターを低減することができるとのこと。

ジッター低減回路なども搭載している

DACには同社の中高級AVアンプにも搭載された192kHz/32bit DACを採用。「Hi-bit32/Hi-Sampling Audio Processing」機能を搭載しているのも大きなフィーチャーだ。これは16ビットや24ビットの音声を32ビットに拡張処理するほか、ハイサンプリング処理も行うことで、再生帯域の拡張を同時に行える機能。より高音質に音楽を楽しむことができるというものだ。

そのほか、筐体構造にも配慮。1.6mm厚のボトムプレートを本体シャーシに加え、シャーシを二重構造とすることで、剛性を高め不要振動を抑制。重心を低くし安定性も高めている。本体質量は7.3kgと重量級だ。

リジッドアンダーベース構造を採用

N-50の底面

圧縮音源の失われた高調波をビットレートに合わせて最適補正する「オートサウンドレトリバー」機能、Bluetoothの伝送ノイズを低減する「サウンドレトリバーAIR」を備え、さまざまな音源を高音質に楽しめることを訴求している。

「オートサウンドレトリバー」「サウンドレトリバーAIR」などの機能を備えている

フロントパネルには2.4インチのフルカラーLCDディスプレイを搭載。曲名、アーティスト名のほか、ファイル方式、サンプリングレートやビットレート、タイムバーも表示することが可能だ。

2.4インチのフルカラーLCDディスプレイを搭載

操作は付属のリモコンに加え、iOS/Android向け操作アプリでも行える。

付属のリモコン

iOS/Android向け専用操作アプリを用意する

同軸/光デジタル端子、アナログ端子は金メッキ仕上げ。DAC Modeデジタル入力端子と、USB tyepA端子(フロント)、USB typeB端子(リア)を備えている。

N-50の背面部

■スタンダードモデル「N-30」

「N-30」はスタンダードモデルという位置づけで、Hi-bit32/Hi-Sampling Audio ProcessingやUSB-DAC機能は非搭載。DLNA 1.5やAirPlay、インターネットラジオ聴取、iPodには対応している。

再生可能フォーマットはリニアPCM/WAV(192kHz/24bit)、FLAC(192kHz/24bit)WMA、AAC、MP3。Bluetoothアダプター端子を備え、別売の「AS-BT200」を接続すればスマートフォンなどBluetooth対応機器の音楽を聴くことができるほか、最大4台までのiPod touch/iPhone/iPadをワイヤレス接続し、お互いの楽曲情報を共有したり聴いたりできる「AirJam」機能も楽しめる。別売の無線LANアダプター「AS-WL300」を使ったワイヤレス再生にも対応する。

内部構造はN-50とは異なり、N-30はアナログ/デジタル回路を分離した構成やツイントランスなどは採用していない。ただし回路は線材を極力短くすることや基板パターン化することにより、線材のスタイリングによる音質のばらつきを抑え、音質劣化を防いでいるという。

また、ジッター低減回路も搭載。ハイアキュラシーPLL回路とジッターリダクションICにより、入力信号のジッターを低減することが可能とのこと。

N-30の底面。こちらはリジッドアンダーベース構造ではない

フロントパネルには2.4インチのフルカラーLCDディスプレイを搭載。曲名、アーティスト名のほか、ファイル方式、サンプリングレートやビットレート、タイムバーも表示することが可能だ。

操作は付属のリモコンに加え、iOS/Android向け操作アプリでも行える。

N-30の背面部

端子類では同軸/光デジタル端子、アナログ端子、USB tyepA端子を備えている。

なおN-50とN-30は、ともにネットワーク経由での音楽再生時のギャップレス再生には非対応となっている。
新着記事を見る
  • ジャンルネットオーディオプレーヤー
  • ブランドPIONEER
  • 型番N-50
  • 発売日2011年10月下旬
  • 価格¥74,800(税込)
【SPEC】●ネットワーク部:LAN端子…100Base-TX/10 Base-T、DLNA…Ver1.5(DMP/DMR) ●音声出力端子:アナログRCA、光デジタル、同軸デジタル、USB 2.0(typeB) ●音声出力レベル:2Vrms(1kHz、0dB) ●周波数特性:4Hz 〜 80kHz、-3dB ●S/N比:111dB以上(1kHz、0dbB、fs192 kHz) ●ダイナミックレンジ:111dB以上(1kHz、0dB、fs192 kHz) ●全高調波歪率:0.002%以下(1kHz、0dB、fs192 kHz) ●チャンネルセパーレーション:105dB以上(1kHz、0dB、fs192kHz) ●消費電力:34W ●待機時消費電力:0.3W ●外形寸法:435W×99H×330Dmm ●質量:7.3kg ●動作確認OS:Windows XP、Windows7、Windows Vista、Mac OS 10.5.7、10.5.6
  • ジャンルネットオーディオプレーヤー
  • ブランドPIONEER
  • 型番N-30
  • 発売日2011年10月下旬
  • 価格¥49,800(税込)
【SPEC】●ネットワーク部:LAN端子…100Base-TX/10 Base-T、DLNA…Ver1.5(DMP/DMR) ●音声出力端子:アナログRCA、光デジタル、同軸デジタル ●音声出力レベル:2Vrms(1kHz、0dB) ●周波数特性:4Hz 〜 80kHz、-3dB ●S/N比:111dB以上(1kHz、0dbB、fs192 kHz) ●ダイナミックレンジ:111dB以上(1kHz、0dB、fs192 kHz) ●全高調波歪率:0.002%以下(1kHz、0dB、fs192 kHz) ●チャンネルセパーレーション:105dB以上(1kHz、0dB、fs192kHz) ●消費電力:31W ●待機時消費電力:0.3W ●外形寸法:435W×97.5H×330Dmm ●質量:5.0kg ●動作確認OS:Windows XP、Windows7、Windows Vista、Mac OS 10.5.7、10.5.6

関連記事