各子会社を新会社に統合へ

ソニー/東芝/日立/INCJの4社、中小型ディスプレイ事業統合を正式契約

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月15日
(株)産業革新機構(INCJ)、ソニー(株)、(株)東芝、(株)日立製作所の4社は、INCJを中心に設立及び運営される新会社の下、ソニー、東芝及び日立の子会社等の中小型ディスプレイ事業を統合することについて、本日、正式契約を締結した。

新会社は「(株)ジャパンディスプレイ」という名称で2012年春に事業開始予定。ソニー、東芝および日立それぞれの中小型ディスプレイ事業を行う子会社(ソニーモバイルディスプレイ、東芝モバイルディスプレイ、日立ディスプレイズ)の全ての発行済株式等が新会社に譲渡され、新会社には、INCJを割当先とする第三者割当増資により2,000億円が投入される。

なお新会社の資本金は2,300億円(資本準備金を含む)で、INCJ70%、ソニー/東芝/日立が各10%ずつ株式を保有する。また、中国蘇州において中小型ディスプレイ事業を営む索尼移動顕示器(蘇州)有限公司(ソニーの間接100%子会社)も、新会社の事業開始後に統合される。

新会社は、対象子会社がそれぞれ有する世界最高水準の高付加価値技術を生かし、INCJから投入される成長資金を最大限活用することで新規生産ラインを立ち上げ、高付加価値市場における需要に対応することを目指すという。また、生産能力をより有効に活用することでコスト競争力を高め、中小型ディスプレイ事業におけるグローバルリーディングカンパニーとしての地位を強固なものにしていくとしている。

なお、ソニーモバイルディスプレイが保有する有機ELディスプレイデバイス事業は、一部の製造工程を除きソニーまたはその子会社に移管する予定。

関連記事