メタデータやアートワークをより正確に入力できるように

ノア、NWプレーヤー「Olive」シリーズの最新ファームウェアver.4.1.7を公開

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月09日

Olive「6HD」(シルバー)
(株)ノアは、同社が取り扱うOliveブランドのネットワークオーディオプレーヤー「3HD」「4HD」「6HD」のファームウェアアップデートを実施している。

今回配布されるファームウェアはver.4.1.7。CDをリッピングする際に最大5つまでのメタデータが提示され、ユーザーが選択できるようになった。また、アルバムアートワークの検索エンジンとして「Google画像検索」を使用し、最大4つまでの異なったアルバムアートワークが用意され選択できるようになった。

そのほか、各種バグ修正が行われた。

ver.4.1.7の新機能詳細

・CDリッピングの際、最大5つまでの異なったメタデータが表示され、選択可能に。
・CDリッピングの際、最大4つまでの異なったアルバムアートワークが用意され、選択可能に。
・挿入されたCDのメタデータがデータベースにないときや、間違ったメタデータが取得されたとき、アルバム名やアーティスト名をユーザーが手動入力できるように。
・アルバムアートワークの検索エンジンを「Google image」に変更
 (メタデータ検索は従来どおり「Freedb」を使用)
・インターネットを通じて時間や日付を更新するオプションを追加
 (3HDでも時間・日付を表示可能に)
・メニュー画面の表示言語としてポーランド語に対応
・再生時に表示されるブルース、ロック/ポップ、朗読/話芸、その他のメタデータがさらに充実
・インターネットラジオデータベースを変更。「Radio Alice」「KOIT」等も聴取可能に。また、新しい国・地域として「トルコ」が追加に。

ver.4.1.7で修正されたバグ

・「B&W Sound of Society」のトラックを再生したとき歪みが生じる問題を修正
・FLACファイルの再生品質向上(特定のトラックが表示されない/再生できない問題を修正)
・選択されたインターネットラジオ局への再接続を自動的に実施するよう変更
・デンマークのインターネットラジオ局に対応
・故障した本体にはUSBソフトウェアアップデートがインストールできないようになった
・本体がWi-Fiに設定されている際特定のルーターや暗号化モードをスキップしてしまう問題を修正
・「Digion DMS」との干渉による不具合を修正
・アートワーク名に特殊文字が含まれている際、アルバムアートワークが正しく表示されない問題を修正
・クラシックのサブジャンルに表示される項目が「アーティスト名」から「作曲家名」に変更
・「ソフトウェアアップデートの自動チェック」はメニュー画面が立ち上がったあとに行われるよう変更

関連記事